メンバー復帰後初ライヴを大成功させたSHINee、ニューシングルのリリースが決定

okmusic UP's / 2013年7月1日 16時0分

SHINee in 埼玉・さいたまスーパーアリーナ (okmusic UP's)

発売したばかりのセカンドアルバム『Boys Meet U』を引っさげ、2013年6月28日(金)さいたまスーパーアリーナから1年ぶり2度目の全国アリーナツアー「JAPAN ARENA TOUR SHINee WORLD 2013~Boys Meet U~」が華々しく幕を開けたSHINee(シャイニー)。今年4月にジョンヒョンの交通事故により、ツアー開催を1ヵ月延期してのスタートとなったが、5人の元気な姿を心待ちにしてくれていたファンのために、万全の準備を重ねてきた。ステージ上では新曲「Boys Meet U」も披露、8月21日にシングルとしてリリースすることも発表された。

【その他の画像】SHINee

オープニングから「JULIETTE」「Replay-君は僕のeverything-」「LUCIFER」などシングルヒットを立て続けに披露し、パールアクアグリーンのペンライトで埋め尽くされた会場はスタートからすでにヒートアップ状態。前半から攻めのパフォーマンスで観客を圧巻した。

リーダー・オンユの「みなさん、お待たせしました~!! SHINee WORLD へ、ようこそいらっしゃいに~!」という最初の一声で、会場が一気に温かい空気に。リリースしたばかりのアルバム『Boys Meet U』について触れ、「“ファンのみんなにもっともっと近づきたい!もっともっと会いたい”という想いをタイトルに込めました。今日こうやってみなさんにお会い出来て嬉しいです!今日はみんなで楽しみましょう!」と会場に呼びかけた。

SHINeeのパフォーマンスに呼応して映し出される映像やライティング、カラフルに変化する5パターンのステージ衣装、最新のレーザーを取り入れた演出などは圧巻そのもの。アルバムリリース直後のステージということもあり、初披露のアルバム収録曲のパフォーマンスに観客の視線が集まった。中盤、韓国でのヒットナンバー「Dream Girl」の日本語ヴァージョンも初披露。畳みかけるようなセットリストでファンのテンションは最高潮に。本編後半のアルバムリード曲「Breaking News」では息の合った迫力のダンスが見られ、そのパフォーマンスに会場は感嘆と感喜の声であふれかえっていた。

「(日本デビュー)3年目のスタートをみんなで過ごすことができて、うれしいです。本当にみんなの応援があると、がんばれます」と、ファンへの感謝を告げるテミン。「何があっても、この5人で突っ走っていきたい」というジョンヒョンの言葉にはメンバー5人の結束力を今まで以上に感じることができた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング