『劇場版銀魂 完結篇』京成ローザ10舞台挨拶公式レポ

okmusic UP's / 2013年7月21日 21時15分

舞台挨拶に登壇した「銀魂」キャストのみなさんと藤田陽一監督 (C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会(okmusic UP's)

単行本発行部数4,400万部を超える、週刊少年ジャンプの看板コミック「銀魂」の映画化第2弾として全国公開中の『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の舞台挨拶が、2013年7月20日(土)千葉・京成ローザ10にて開催された。


【その他の画像】石田彰

そこで今回は、石田彰(桂小太郎 役)、雪野五月(志村妙 役)、小林ゆう(猿飛あやめ[さっちゃん] 役)、折笠富美子(柳生九兵衛 役)、甲斐田裕子(月詠 役)、藤田陽一監督が登壇した舞台挨拶の公式レポートをお届けする。なお、映画の公式サイト(http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama/)では、レギュラー声優陣による映像コメント集が公開中。気になる人は今すぐにアクセスしよう。

--------------------------------------------------------

■『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』舞台挨拶

日時:2013年7月20日(土)12:00~
会場:京成ローザ10(千葉県千葉市中央区本千葉町15-1)

<登壇者>
石田彰(桂小太郎役)、雪野五月(志村妙役)、小林ゆう(猿飛あやめ[さっちゃん]役)、折笠富美子(柳生九兵衛役)、甲斐田裕子(月詠役)、藤田陽一監督

約7年続いたテレビシリーズについて、人気キャラの攘夷志士・桂を演じる石田は「7年といえば、入学したての小学生が卒業するくらいの年月ですからね。」とし、銀魂ファンにはすっかりお馴染みとなった「ヅラじゃない、桂だ」の名セリフをもじって「桂は、生まれたときから桂だったんでしょうね。『オギャーじゃない、桂だ』くらいのことを言って生まれてきたと思う。今回も5年後の未来のキャラではありますが、5年経ったからといって変わるキャラクターじゃない。」と話し、会場を笑いの渦に巻き込んだ。
雪野は「石田さんと私の間に中井(和哉)さんがいることが多かった」とアフレコ時の立ち位置について触れ、石田は「7年間、雪野さんにいじられている中井さんをみながら、僕もちょっとずつ参加できるようになった。成長したと思います。でも、中井さんの気持ちになるとかわいそうかも…」と冗談交じりに話すと、これには雪野が「中井さんも心の中では喜んでいましたよ。仲良くさせていただきました(笑)」と7年間続いたキャストとの思い出を振り返った。また、折笠は「(回数を重ねるうちに)だんだんピー音にも慣れてきました。それくらい私もたくましくなりました」と話すと、甲斐田も「月詠は登場したころは真面目だったんですが、だんだんギャグが多くなって…」と演じたキャラクターの変化を語ると、藤田監督が「全キャラが通る道です(笑)」とアニメ「銀魂」ならではの洗礼であることを明かした。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング