シンガーソングライター森大輔が2年振りのライブ開催

okmusic UP's / 2013年7月22日 11時0分

7月20日(土)@神楽坂THE GLEE (okmusic UP's)

活動を休止していたシンガーソングライターの森大輔が再始動し、7月20日(土)神楽坂THE GLEEにておよそ2年振りとなるライブを開催した。

【その他の画像】森大輔

「お久しぶりです。2年ぶりのライブで緊張してます!」とはにかみながらのMCで始まったこの日のライブ、1曲目に演奏したのは新曲「I've Been Thinking Of You」。8月28日にリリースされる4年振りのアルバムの収録曲で、全編英語詞のミディアム・テンポのバラード・ナンバーだ。

この日のライブは、サポート・メンバーをつけず全曲、ピアノ弾き語り。森の持ち味であるクールなのにソウルフルな唱法とハイトーン・ボイスは健在。2年のブランクを全く感じさせない安定した歌に集まったファンもひと安心。

7月10日に配信が始まった3年ぶりの新曲「on & on & on」では、日本テレビ系の「ぐるぐるナインティナイン」のエンディング・テーマとして放送されている事もあって、オーディエンスもクラッピングで参加。この辺りから会場はぐっと暖まってくる。

アーティスト活動を休んでる間は、コンポーザーやプロデューサーとして活動していた森大輔。中盤では倖田來未や、EXILE ATSUSHIに提供した楽曲を「ホントはボクが歌いたかった …」と言いながら、さわり部分を披露。又、久保田利伸の新作「KUBOSSA」に収められた共作曲「Smile・Eyes・Cry」を、レコーディング時のエピソードを交えながら、こちらも1コーラス程を歌う。8月31日からスタートする久保田利伸のツアーには、森もキーボードとコーラスで参加するのでステージでの共演もあるかも。

セルフ・カバー披露で和んだ後は、ジャジーなアレンジでスタンダード曲「枯葉」を歌い会場を大人のムードに持って行く。シンガーとして知られる森だが、3歳の頃からクラシック・ピアノを学び大学の音楽科を卒業するまで鍛錬し続けた筋金入りのピアノ・マンでもある。後半はピアノ・マン森大輔の真骨頂。時には優雅に、時にはスイングと変化自在にピアノを操りながら、ファンにとっては懐かしい初期のナンバーを畳みかけるように歌う。アンコールは2007年にリリースした究極のバラード・ナンバー「ただ ただ」で締め、2時間弱に及んだステージを終えた。

8月28日には4年振りとなるサード・アルバム『Beauty is yours』をリリースし、9月1日からは4都市でアルバム発売記念ツアーを行う。 活動を再開した森大輔のこれからの動きに注目しよう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング