AI、復興支援Tシャツ第1弾発売開始! 由比ヶ浜でのフリーライヴも大盛況

okmusic UP's / 2013年7月22日 19時30分

「FOX Beach House」 photo by 千々岩友美 (okmusic UP's)

かねてより、福島を中心とした被災地の支援を積極的に行なってきたAIが現在進めている活動が、福島の中学生といっしょに復興へのアクションプランを立ち上げ、実現に向けサポートしていく「AIサミット」。その「AIサミット」において福島市立蓬莱中学校の生徒たちから立案された「復興アイテムプロジェクト」にはAIからの呼びかけで、ナルミヤ・インターナショナル(以下ナルミヤ)、GYDA、gonoturnら多くのアパレルブランドからの申し出があり、今回ついにナルミヤとのチャリティーTシャツが完成した。また、2013年7月21日(日)には鎌倉は由比ヶ浜ビーチにある海の家「FOX BEACH HOUSE」でアルバム発売を記念したフリーライヴを敢行したAI。こちらも由比ヶ浜史上最大となる動員を記録したとのことだ。

【その他の画像】AI

まずは7月20日(土)、ナルミヤのブランド「LOVETOXIC(ラブトキシック)」よりAIサミット復興Tシャツ第1弾を記念して、原宿竹下通りにある「LOVETOXIC」原宿店が入っているビル店頭で特設ブースを設けて特別販売を実施。福島からは1からデザインに携わった蓬莱中学校の生徒3名も駆けつけ、実際に店頭に立ちながらAIといっしょに元気よく販売をスタート、竹下通りがいつも以上に賑やかな光景となった。

このTシャツは福島のTシャツプリント工場でAIと生徒たちでプリント作業に参加、みんなの想いが詰まったアイテムとなっており、販売をスタートできたAIと蓬莱中学校生徒会長は、「私達が一丸となってスタートしたこの復興Tシャツ第一弾がやっと完成して、本当に感動です!そして今日は多くの人に購入していただいて、最高のスタートを切ることができました。少しずつで良いので、復興への意識がみんなにもっと広がっていって欲しいです。そして、なんでも楽しんでやる事が一番大事!」(AI)、「今日は私達で作った復興Tシャツをやっと売る事ができて、本当に良かったです。僕達の提案がこんな形になって実現するなんて、夢みたいです。今後は、一人でも多くの人に福島に対する正しい知識をもっていただき、もっと福島に遊びに来て欲しいです!」( 知野哲也君/生徒会長・14歳)とコメントした。

これら「復興アイテムプロジェクト」の売上の一部は、被災地の子供たちの中から未来のリーダーを育てる基金に寄付される。なお、今回のプロジェクトに協力しているアパレルブランドのナルミヤ含むGYDA、gonoturnも各サイトや店舗にてこれら限定商品の販売や予約情報を公開、福島復興の為に一丸となって動き出している。引き続き、「復興アイテムプロジェクト」に注目してほしい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング