コブクロの小渕健太郎、9月18日(水)にギター・インストアルバム発売

okmusic UP's / 2013年8月6日 6時0分

小渕健太郎 (okmusic UP's)

コブクロの小渕健太郎が、9月18日(水)にコブクロの数々の名曲をギター多重録音でレコーディングしたギターインストゥルメンタル・アルバムを発売することを発表した。

7月24日(水)に、2013年初めてのシングル「One Song From Two Hearts」をリリースしたコブクロだが、作詞・作曲を多数手掛けている小渕健太郎が、今回ギターインストゥルメンタル・アルバムを発表する。「蕾」「桜」など有名楽曲を多重録音のギターで制作した、コブクロ15周年にふさわしい企画アルバムだ。

自分のグループ(バンド)のギター・インストアルバムを、自らがギターで弾き語り、またライブで歌っている癖を表現したり、あたかも歌っているような作り。小渕と黒田の歌声が聞こえてくるようなこのつくりは、楽曲を作り、自らパフォーマンスしているコブクロ小渕健太郎本人しか作れない、スペシャルなアルバムとなっている。ギタリストのテクニックに走るという事ではなく、“歌心のあるギターアルバムを作りたい”との思いで作ったアルバム。心が温かく、和むようなギター・インストアルバムとなっている。

■小渕健太郎 コメント

「ツマビクウタゴエ」というこのアルバムは、私、小渕健太郎が、コブクロのギタリストとして、アコースティックギターだけを使って自分達の楽曲を表現するという事にチャレンジした、初めてのインストゥルメンタル作品です。ギターの音色は、指先の強弱やタイミングで、まるで歌声のように聴こえるなぁといつも思っていました。全て、自分で作って歌ってきた楽曲ばかりなので、その歌い回しの表現一つ一つには、思い入れがあります。それを、指先で歌う事で、新しい世界観にたどり着きました。時にはオーケストラやエレキギター、ベース等、様々なアレンジもアコギのみで表現しています。実際の歌声は一切入っていませんが、そこに、アコースティックギター特有の「ツマビクウタゴエ」が聴こえてきてくれたら、嬉しいなと思います。

■アルバム「ツマビクウタゴエ~KOBUKURO songs, acoustic guitar instrumentals~」

2013年9月18日(水)発売
WPCL-11593/¥2,415(税込)
<収録楽曲予定>
「ダイヤモンド」「蕾」「桜」「風」「Million Films」「君という名の翼」など全10曲予定

■コブクロ シングル「One Song From Two Hearts/ダイヤモンド」

2013年07月24日(水)発売
WPCL-11531/¥1,200 (税込)
※ダブルAサイド・シングル
<収録曲>
01. One Song From Two Hearts
02. ダイヤモンド
03. ラブレター
04. One Song From Two Hearts (Instrumental)
05. ダイヤモンド(Instrumental)
06. ラブレター(Instrumental)

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング