マキシマム ザ ホルモン、新作「予襲復讐」がデビュー以来初のアルバムチャートで1位を獲得

okmusic UP's / 2013年8月6日 4時30分

マキシマム ザ ホルモン (okmusic UP's)

ロングセールスで40万枚以上をセールスしたアルバム「ぶっ生き返す」から 約6年ぶりとなるニューアルバム「予襲復讐」を7月31日にリリースしたマキシマム ザ ホルモン。そのニューアルバムが初週157,057枚を売り上げ、オリコンウィークリーアルバムチャート(8/12付)で、ホルモンとして初のアルバム首位を獲得した!(シングルでは2011年3月23日リリースの「グレイテスト・ザ・ヒッツ 2011~2011」、DVDでは「Deco Vs Deco~デコ対デコ~」でそれぞれ1位を獲得している。)


【その他の画像】マキシマム ザ ホルモン

新曲「え・い・り・あ・ん」のミュージックビデオをインターネット上のどこかに隠し、ファンに探させるという独創的な公開方法や、漫画5作品が収録され計156ページの本がついた驚異的なパッケージ内容など、CD不況という音楽業界の現状に一石を投じた作品は発売前から予約が殺到し、所属レーベルの予想を大きく上回る売れ行きを見せている。

さらに、このご時世に“レンタル禁止”“配信禁止”“初回盤なし”“投票券なし”“握手券なし”に加えて”地上波の音楽番組への出演等も一切なし!”というバンドのスタンスを明確にしながら、今回のようなチャートアクションを起こしているのも稀有な存在だ。CD店頭での「裏ジャケ企画(ジャケットの裏を店員さんに見せるとステッカーがもらえる)」などCD店にお客さんが足を運びたくなるような企画も展開し、CD店の活性化にも一役買っている。

予想を上回る圧倒的な衝撃作に驚嘆の声があがり続けている「予襲復讐」。このモンスターアルバムは早くも今世紀最強ロックアルバムの呼び声高い。

そして、最初に公開したミュージックビデオ「え・い・り・あ・ん」に続き、“モテキ”を手がけた大根監督を中心とした8人の監督集団で制作された、アルバム表題曲「予襲復讐」の実写とCGが怒涛のごとく入り乱れる前代未聞に豪勢なミュージックビデオも発売日直前に公開され、話題沸騰中だ。

先週末に開催されたロックインジャパンフェスでもメインステージに出演し5万人を熱狂させ、夏フェスロードもスタートした、マキシマム ザ ホルモン。秋には全都道府県をまわるアルバムツアーも控えてる。今年、最も日本全土を熱くさせるのは彼らであることは言うまでもないだろう。

■「予襲復讐」ミュージックビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=beN5ep5MrdY&feature=player_embedded

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング