近藤晃央が小泉孝太郎・真矢みきを迎えドラマ主題歌「あい」を熱唱

okmusic UP's / 2013年8月13日 12時0分

8月12日(月)@TBS赤坂SACAS特設ステージ (okmusic UP's)

人気急上昇中のシンガーソングライター・近藤晃央(こんどう あきひさ)が、8月12日(月)にTBS赤坂SACAS特設ステージに登場。ミニライブを行ない、約300人の観客の前で、現在放送中のTBS月曜ミステリーシアター『名もなき毒』の主題歌「あい」を含む3曲を熱唱した。

連日記録的な猛暑が続く中、開場前から列をなすファンが続出。 大きな拍手と歓声に迎えられ、爽やかな笑顔で登場した近藤晃央は、「楽しんでいって下さい ! 」と客席に呼びかけ、2ndシングル「テテ」(アニメ「宇宙兄弟」エンディングテーマ)と3rdシングル「らへん」を披露。

そして、現在放送中の近藤晃央が主題歌を担当してるTBS月曜ミステリーシアター『名もなき毒』に主演されている小泉孝太郎さん、ヒロインの真矢みきさんがステージに駆けつけてくれた。主題歌「あい」を聴いた時の感想を聞かれ、小泉さんは 「僕の演じている杉村三郎の心の叫びだ ! ! と思いました。『あい』を聴くとすごくはげまされます。毒を取り払ってくれる感じがします。」 とコメント。真矢さんは 「社会人の方でも学生の方でも、心の葛藤があると思いますが、近藤さんの曲を夜聴いて朝も聴くと心が浄化されるのではと思います。人生の応援歌のような感じがします」 と、力強く語った。

続いて、 「ドラマの制作発表でも唄わせていただいたのですが、今日も緊張します。ドラマのために書き下ろした曲です。『あい』聴いてください。」 と、小泉さん、真矢さんが見守る中、『名もなき毒』主題歌「あい」を生披露。 小泉さんはじっと聴き入るように、真矢さんはリズムを取りながら「あい」を観賞した。 生歌を聴いた小泉さんは 「疾走感の中に優しさがある。とても癒されました」 、真矢さんは 「近藤さんのアーティストとしての夢中で走っている感じ、人生の岐路に立たされた人が腹をくくっているような感じがしました。」 とそれぞれの想いを語り、 ドラマの感想を聞かれた近藤は「今日から第2部がスタートしますね。僕はドラマはすべて見させていただいていて、先週の第5話のオンエアがちょうど誕生日で(笑)、リアルタイムで見ていました。ラストシーンで深田恭子さんが『好きなように生きればいいわ』というセリフに誕生日だということに浮かれることなく、心がビシッと締まりました。 自分の人生観と重なる、置き換えて想像しやすくて、人と人との関わりや、人を信じることは大事なことだと改めて思いました。」とすっかりドラマにハマっている様子で熱く語っていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング