EGO-WRAPPIN'、灼熱の大阪城野音で『Dance, Dance, Dance』!

okmusic UP's / 2013年8月13日 12時0分

8月11日(日)@大阪城野外音楽堂 photo by 渡邊一生 (okmusic UP's)

昨日7月の東京に続いて大阪城野外音楽堂でEGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXXによる夏の野外ワンマン“Dance, Dance, Dance 〜あなたとマリアージュ〜"が開催された。

通常のツアーともフェスともまたひと味違うメニューで全22曲に及んだライブは、定番曲からお楽しみのカバー、意表を突く新展開的なアプローチまで。彼らの尽きない魅力を多彩なフルコースで表現した、記録的な猛暑を忘れさせる最高のサマー・ダンス・パーティーとなった。

序盤はまさかのキラー・チューン3連発から。始まりを告げるホーン隊のイントロからアッパーな「BRAND NEW DAY」に流れ込むと、さらにテンションと加速度を高めて「PARANOIA」「サイコアナルシス」へ。ここで一旦「盛り上がる3曲やって、もうないやん」(森)「ノンノン、ちゃんと考えてきてますから。ペース配分考えて、最後まで一緒にダンスしような」(中納)とMCで和ませると、ボサノバの名曲「黒いオルフェ」をSKA化した「BLACK SUNDAY」とともにステージ前方からシャボン玉が吹き出して場内を優しく包み込んだ。前半はそのまま裏打ちのビート感を保ったまま、ジャイヴ王ことキャブ・キャロウェイの「ミニー・ザ・ムーチャー」のダンサブルなカバーでお馴染みのコール&レスポンスも連発しながら一体感を高め、心地よいラヴァーズ・ロック調に仕立てたカルチャー・クラブのメロウな大ヒット曲へ。曲調に合わせるように穏やかな風も吹いてきて、夕暮れ時の野音は極上の“イヴニング・タイム"を迎えた。

中盤は森と中納の2人だけがステージに残り、野外では初の弾き語りスタイルで「finger」、そして今年4月に発表された最新作から「fine bitter」「blue bird」をしっとり聴かせ、「よし、陽も沈んできて」(中納)と再び徐々にビートを効かせながら後半戦へ。最初期の名曲である「Calling me」の終盤で中納とホーンの2人がステージ裏に下がり、森が「ココからが見せ場なんで。練習した姿を見てやって下さい」と思わせぶりなMCを挟んだ後に残ったメンバーだけで「スカル」を演奏し始めると、なんと蛍光塗料でペイントした骸骨のお面と黒タイツに身を包んだ中納が、同じく蛍光のスケルトン全身タイツの4人のダンサーを引き連れて現れ、歌いながらコンビネーション・ダンスも披露!意表を突く演出で盛り上げると、同じく10年発表の『ないものねだりのデッドヒート』収録の変則的な曲展開をみせる「Bell 5 Motel」、06年作の『On The Rocks!』に収録された「Sundance」とエゴ流のニューウェイヴ解釈が際立ったダンサブルな曲を連打し、その流れを保ったまま元バズコックスのピート・シェリーによる83年のソロ曲でTV番組『アメトーーーク!』のオープニング曲に起用されている「Telephone Operator」のカバーを。異色のロッキン・ニューウェイヴ打線で見事に野音を熱狂に持ち込むと、「大阪、調子はどうだい?応答せよ!」(中納)と煽って最新作に収録されたエゴ流のアフロ・ビート・チューン「10万年後の君へ」を投下し、これまでにない流れで盛り上がり必至の「くちばしにチェリー」「GO ACTION」へ。改めて彼らの音楽的な引き出しの多さを再認識させる“攻め"の終盤だった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング