チームしゃちほこ、愛知県体育館でワンマンライブ&ニューシングル発売決定

okmusic UP's / 2013年8月21日 18時30分

チームしゃちほこ@8月18日名古屋国際会議場センチュリーホール (okmusic UP's)

今年6月19日に「首都移転計画」で日本先行メジャーデビューを飾った名古屋在住6人組アイドル、チームしゃちほこ。8月18日(日)地元名古屋の国際会議場センチュリーホールで3000人動員となる初のホールワンマンライブを行ない、サプライズとして12月21日(土)愛知県体育館でのワンマンコンサートが発表された。

【その他の画像】チームしゃちほこ

6月のメジャーデビュー後、2ケ月で3000人のホールコンサートとなったこの日のチケットは、瞬殺でソールドアウトし、アイドル初のカラオケルームでのライブビューイングを行なうなど会場以外でも東名阪各地で盛り上がった。

18時10分、チームしゃちほこが結成して初めて歌った「ごぶれい!しゃちほこでらックス」からライブがスタート、2曲目の「ピザです!」ではいきなり、メンバー4人が2階席と3階席に駆け上り、客席でパフォーマンス、ファンと一緒にタオルを回した。6曲目では初となるソロ曲を秋本帆華が披露したり、8曲目の「サマラバ」では男性パートを歌っているTOMMYがサプライズゲストとして生歌を披露、9曲目にはこの日初披露となる新曲「OEOEO」を歌い終わった後に、ロッテ社からチームしゃちほこに挑戦状が送られてきたことを報告、8月21日(水)からYoutube上で公開されるこの日の「OEOEO」LIVE映像を1ケ月間で25万再生回数以上達成すれば、地上波でのCMがプレゼントされるというのだ。咲良菜緒はこの挑戦状に「お前らの気合、再生回数で見せてみろよー!」と叫び、ファンを煽った。

後半戦、メジャーデビュー曲「首都移転計画」など立て続けに披露しながら、「待つわ~DD大歓迎」では再びメンバー客席に飛び出しパフォーマンス、初のホール会場を縦横無尽に駆け回った。16曲目「乙女受験戦争を」歌い、今日のライブをメンバーそれぞれが振り返り、大黒柚姫は「1年半で3000人の前で歌えるなんて幸せ者です」、安藤ゆずは泣きながら「今日のことはおばあちゃんになっても夏になったら思い出すと思います」、伊藤千由李は「ここがスタートだ思ってます、いつものみんなの笑顔でまたライブ来てください」、坂本遥奈は「会場走り回ってみんなと目があって、優しい笑顔が嬉しかった」、咲良菜緒は「会場がどんなに大きくなってもみんなのそばにいます!」、秋本帆華は「初めてソロをやって、メンバーの存在の大きさを知ったのと、見守ってくれたお客さんの優しさをすごく感じました、ありがとうございました」と感想を語ったところで、サイレン音がなりスクリーンにてメンバーも知らないサプライズ発表が!12月21日愛知県体育館でのワンマンコンサートが発表されたのだ。5000人というキャパを知らされ、「え?どこ?」「5000人って?プラス2000人?」と絶叫する6人、咲良菜緒が「この会場知ってる人?」と問うと安藤ゆずが手を挙げるも泣きながら「入ったことない」と答え呆然としているメンバー、そこで秋本帆華が「ここにいる皆さん全員来てください」とアピール、歓喜の会場につつまれ大黒柚姫が「センチュリーは終わるけど、わたしたちの新曲はこれから始まります」と、新曲「尾張の華」とこの日二度目の「OEOEO」2曲披露。全18曲約3時間のライブを終えた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング