KREVA×三浦大知による「908 FESTIVAL in OSAKA」が大盛況!

okmusic UP's / 2013年8月22日 10時0分

8月20日@大阪フェスティバルホール (okmusic UP's)

ソロデビュー10年目に突入したHIP HOPアーティストのKREVAが、三浦大知とともに8月20日(火)に大阪フェスティバルホールで「908 FESTIVAL in OSAKA」を開催した。

【その他の画像】KREVA

超プレミアムチケットを手に入れた2700名の観客は大熱狂!フェスティバルホールでのHIP HOPアーティストの公演は初で、大阪で初開催となった同フェスのチケットはソールドアウト。この夜、この会場は伝説と化した。

オープニングからKREVAと三浦大知が登場すると、まずは挨拶代わりに「Feel It In The Air」を二人でドロップ。その後は三浦大知のソロステージへ突入し、「GO FOR IT」など最新曲を含む11曲が披露された。圧巻だったのはKREVAの楽曲である「Tonight」をキーボード弾き語りでカバーした他、同じく 「SPACE DANCER」をバックダンサーと共にキレのあるダンスにのせてカバー披露するなど、驚愕のパフォーマンスを立て続けに魅せつけたシーン。

続いて、KREVAのソロステージに入ると、今度はお返しにとばかりに三浦大知の楽曲である「Damn」をサンプリングして「成功」の Remixを即興で披露。新曲「BESHI」を含む9曲をDJ+バンド編成で繰り広げると、会場は大合唱の嵐に……。今までに経験したことのない熱気が会場に充満した。本編ラストで二人のコラボ曲である「蜃気楼」のイントロが始まると、観客のボルテージは最高潮へ。さらにアンコールで は、未発表曲の披露や、またKREVAと三浦大知が参加した東日本大震災のチャリティソング「H♡PE」を二人で初披露するなど、盛り沢山の内容が展開され公演は幕を下ろした。常にHIP HOPソロアーティスト“初"という肩書きを持つKREVAが、三浦大知と共に新たな伝説を創りあげた瞬間だった。

さらに、9月08日(クレバの日)には昨年に続き、さいたまスーパーアリーナで「908 FESTIVAL」開催を控えるKREVA。出演アーティストはKREVAに加え、MIYAVI、阿部真央、AKLO、サイプレス上野とロベルト吉野、 SKY-HI (a.k.a.日高光啓 (AAA))、KEN THE 390、L-VOKAL、KLOOZ、SONOMI、 KREVA Band(岡雄三、熊井吾郎、菱山正太、白根佳尚)がラインナップされている。今年の夏も常に進化を続けるKREVAのパフォーマンスから目 が離せそうにない。直前の8月28日(水)には「バイトルドットコム」CMソングとして話題の新曲「BESHI」を収録したニューシングルを発売する。まずはシングルをチェックして、会場に出かけてみよう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング