ゆずとJUJUの豪華コラボ! 映画『すべては君に逢えたから』の主題歌&劇中歌が決定

okmusic UP's / 2013年8月30日 7時0分

ゆず (okmusic UP's)

2014年12月で開業100周年の東京駅を舞台に、10人の男女のそれぞれのクリスマスラブストーリーを描く映画『すべては君に逢えたから』。現在ポストプロダクション中の本作だが、完成を前に主題歌、劇中歌がそれぞれ、ゆず、JUJUによる同タイトル曲「守ってあげたい」(発売未定)に決定した。

【その他の画像】ゆず

この曲は“大切なひとを守りたい"という思いを描いた心に響くラブバラード。もともとはゆずの新曲として制作を進めていたが、自分たちの歌詞と対になる“女性目線”で“女性アーティストに歌ってほしい”という北川悠仁のアイデアで、以前から交流のあったJUJUにアプローチし、今回の奇跡のコラボが実現した。互いに歌詞・アレンジを変え、男性目線から強い誓いを歌ったゆずが主題歌、女性目線から男性を支えようとやさしく語りかけるJUJUが劇中歌を担当する。

一方で、『すべては君に逢えたから』の松橋プロデューサーはゆずに“この映画のためにラブソングを作ってもらえないか”と打診をしていた。そして、同時期に偶然、JUJUサイドに連絡を取った際、彼女が“ゆずのラブソングを歌う予定”という話を知ったとのこと。驚いたプロデューサーは曲のデモテープを聴き、その素晴らしさに“運命の出逢いだ!”と感動し、映画に使わせてほしいと相談。曲と10人それぞれの想いを描くという映画のコンセプトがぴったりだということで、双方から快諾してもらい、主題歌、劇中歌という形で結実することとなった。

ゆずとJUJU。どちらも、20代、30代の女性から圧倒的な支持を受けるアーティスト同士のコラボレーションは映画を大いに盛り上げ、その楽曲はこれからのクリスマスを代表する曲になっていくこと間違いなしのロマンティックなラブソングになっている。

【本木克英監督 コメント】
ささやかながら確かな愛が、あまりに美しく、せつなく伝わってきたので、それに応える映像演出ができるか不安もありました。クリスマスイブに一人東京を去ろうとする玲子のシーンは、JUJUの歌をイメージして撮り、返歌ともいえるゆずの楽曲には、この映画を貫くテーマを強く感じて、何度も聴きながら撮影をしました。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング