河村隆一、SUGIZO、栄喜(SIAM SHADE)、SOPHIA、黒夢ら出演、チャリティコンサート開催

okmusic UP's / 2013年8月31日 13時0分

「HIV/AIDS治療支援チャリティコンサート」 (okmusic UP's)

8月26日・27日・28日の三日間、クラブチッタにて、河村隆一、SUGIZO、真矢(LUNA SEA)、栄喜(SIAM SHADE)ほか、総勢30アーティスト、そうそうたるバンドのメンバーが一同に集結して行われた、HIV/AIDS治療支援チャリティコンサートが幕を閉じた。

【その他の画像】河村隆一

このイベントはHIVキャリアとなった事を告白したロックドラマー・HAL(SPEED-iD)の呼びかけにより、90年代に彼と同じ時代をともに活動したバンド仲間が集まる形で実現。HIV/AIDSの治療支援、啓蒙という強いテーマとメッセージ性を伴った、「Hope And Live〜HIV/AIDS治療支援ベネフィット・コンサート2013」。全ての公演がニコニコ生放送で公式生中継され、また、当日はバックステージからのチャンネル放送も実施。会場に足を運ぶ事の出来ない遠方のオーディエンスも、放送を通じてこのコンサートの持つ意味合いに触れられた事だろう。

8月26日(月)の公演は、本コンサートの主催にあたる「JoinLIFE機構」、そしてコンサートの実行委員会より開催の挨拶から幕を開けた。本コンサート開催のきっかけとなったHALもこの場に登壇。「絆」そして「つなぐ」をテーマに発足した同機構の持つ強いメッセージに、本コンサートの開催にあたる真剣な想いがひしひしと伝わってくる。この日は、我羇道、WING WORKS、THE SOUND BEE HD、LOST ASH、人時(黒夢)SPECIAL BAND、ZIZ、FOOD、12012といったアーティストが登場。いずれも初日から100%の熱気を感じさせる力強く熱いステージをみせてくれた。トリはこの日のために結成された、栄喜(SIAM SHADE)、室姫深(DIE IN CRIES)、真矢(LUNA SEA)、HIKO(SPEED-iD)DIE(hide with Spread Beaver)と言うレジェンドそのものなラインナップでのバンドが登場。オープニングで演奏されたまさかの「1/3の純情な感情」に会場のオーディエンスが声援を飛ばす。続けて「ピンクスパイダー」、「ROCKET DIVE」とこの場にいるオーディエンスに知らない者はいないであろう、hide with Spread Beaverの名曲をプレイ。DIEをのぞくメンバーが退出し、DIEの切ないピアノ弾き語りで演奏された感動の「Frame」、LUNA SEAのライヴさながらの真矢のドラムソロ、LUNA SEAからは「True Blue」、「Tonight」を演奏し、大興奮のうちに初日のステージは幕を閉じた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング