TUNECORE JAPANが音楽のオンラインストリーミングサービス『Spotify』に楽曲提供開始

okmusic UP's / 2013年9月8日 12時0分

TUNECORE JAPAN×Spotify (okmusic UP's)

TUNECORE JAPANは9月5日、Spotify Ltdが運営する世界最大手の音楽聞き放題サービスの「Spotify」に楽曲提供を開始した。

【その他の画像】

自分で作った楽曲を、利用者であれば、『誰でも』世界中(約111 ヶ国)の配信ストアで販売できる、米大手音楽ディストリビューションサービス『TUNECORE』の日本版であるTUNECORE JAPAN。

2012 年10 月より、日本でのサービスを開始しており、利用者は『iTunes Store』、『Amazon MP3』、『music.jp』、『オリコンミュージックストア』、『Tapnow ミュージックストア』などで楽曲の販売が可能だったが、今回『Spotify』が新たに追加されることで、さらに大勢の海外リスナーに楽曲を提供できるようになった。今回も追加料金は一切かからず、シングル1480 円〜/年間、1アルバム4980 円〜/年間で利用することができる。

また、『Spotify』は2400 万人の無料会員(そのうち600 万人が有料会員)が利用しており、毎日約2万曲が追加され、2000 万曲以上が聞き放題の世界最大手の音楽ストリミーングサービス。2013 年4 月には、アジア、ラテンアメリカでもサービスを開始し、28 ヶ国でサービスの展開を行なっている。

日本の楽曲を世界へ届けることを、ひとつのミッションと考えているTUNECORE JAPANは日本のアーティストが逸早く『Spotify』という、新たな海外マーケットに楽曲提供を出来るように対応。ダウンロード同様に、販売収益は100%アーティストに還元されるが、ストリーミングとなるため、1 ストリーミング再生に応じた分配となる。今後も『Sell Your Music, Not Your Soul』をモットーに、国内外問わず、音楽配信ストアを随時追加していく予定だ。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング