三浦大知、初の横浜アリーナ公演で自身最多の1万2千人動員を記録 !

okmusic UP's / 2013年9月9日 14時30分

9月8日@横浜アリーナ (okmusic UP's)

3万人をも動員した三浦大知の全国ツアー「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2013-Door to the unknown-」の追加公演が9月8日(日)に横浜アリーナで開催され、大盛況に終わった。

【その他の画像】三浦大知

三浦大知単独公演としては自身最多となる1万2千人のファンが会場に詰めかけた横浜アリーナ。オープニングでは、三浦大知がメインステージからセンターステージに、空を飛ぶ(宙を舞う)演出によって登場し、会場は驚きと歓喜に包まれる。ダンサー陣との脅威のシンクロが世界中から注目を集め、YouTubeで140万回を超える再生を記録するなど話題を呼んだ「Right Now」、“無音"状態でダンサー8人と共に繰り広げた「Black Hole」など、圧巻のダンスパフォーマンスで会場のテンションは早くもマックスに。また、ダンスだけでは無く、アカペラで「Two Hearts」を披露するシーンや、自身がピアノを弾き歌い上げた「The Answer」など、そのヴォーカル力の高さとエンターテインメントの幅の広さを感じさせる、他に類を見ない圧倒的なパフォーマンスで会場を感動の渦に巻き込んだ。本編では本人からのMCは一切無く、アンコールで初めて口を開いた三浦大知は、「横浜アリーナ凄いね!いや、横浜アリーナに集まった皆さん凄いね!」と語り、ファンを喜ばせた。また、今回のツアーは未発表曲も沢山披露するなど、これまでに一番チャレンジした内容のツアーだったと述べた。

そして最後に、これらの未発表楽曲を収録した最新アルバムを11月にリリースする事が本人の口より発表となり、会場を沸かせた。 “過去最高傑作"だと本人が断言する内容だけに、発売が今から実に楽しみである。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング