祝“クレバの日"! 「908 FESTIVAL」開催に1万人が熱狂!!

okmusic UP's / 2013年9月9日 18時30分

9月8日@「908 FESTIVAL」 (okmusic UP's)

今年で2度目の開催となるKREVA主催の「908 FESTIVAL」が、9月08日(クレバの日)にさいたまスーパーアリーナで開催された。

【その他の画像】KREVA

この公演に先駆けて8月20日には大阪・フェスティバルホールで「908 FESTIVAL in OSAKA」が行なわれ、その大盛況が報じられていただけに、会場周辺には早い時間から開演を待ちきれないファンで賑わっていた。

アリーナではDJ熊井吾郎によるDJプレイが続く中、徐々に客席が埋まっていく。ステージ後方にある「SECOND STAGE」に登場したサイプレス上野による「HIP HOP体操」で開演し体を温めると、いよいよオープニング映像が放映され、KREVA bandの演奏が流れ始める。KREVAの全国ツアーでバックを務めた岡雄三(B)、熊井吾郎(MPC・DJ)、菱山正太(Key)、白根佳 尚(Dr)らによって構成されるバンドの鳴らす音が、この特別な夜の幕開けをじわじわと実感させていくなか、KREVAのライヴで本編はスター トした。

こぶしを高く突き上げて「キターー!」と叫ぶと、会場からは大歓声が沸き起こった。まずは「Feel It In The Air」「OH YEAH」とフェスの幕開けにふさわしいナンバーを立て続けに披露。2曲を終えると、鍵盤の奏でるメロディにのせて「ようこそ、みなさん、908 FESへ。今までは9月8日は“クレバの日"って言うと、“語呂合わせですか(笑)?”とか言われてたけど、今年から正式に俺たちの日になったぜ!」と日本記念日協会から正式な認定を受けた喜びを分かち合った。そのまま「イッサイガッサイ」を披露すると、本年の「908 FESTIVAL」は日曜日の開催ということで「王者の休日」も披露された。

KREVAがいったん退くと、出演者のアクトへと移る。MAIN STAGEのトップバッターは、去年は諸事情により参加できなかったSKY-HIが、その雪辱を果たすべく「このステージが終わったら命を落としてもい いくらいです!」と宣言。スペーシーなトラックに軽やかなラップが転がる「RULE」など3曲を披露した。続くKEN THE 390は、昨年のSECOND STAGEに引き続き今年はMAIN SATEGEでの登場。「去年よりぶちかませよってことなんだと思うんです!」と、そこにKREVAの意思を汲み取り、ものすごい速さで次々と韻を踏みな がら、リリックを投げかけていくフリースタイルを見せつける。さらに新曲「2階建ての家を買おう」では、KREVAが登場し、共にライブを盛 り上げていく。

okmusic UP's

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング