コブクロがNHKソチオリンピック放送のテーマソング担当アーティストに決定!

okmusic UP's / 2013年9月9日 21時30分

コブクロ (okmusic UP's)

コブクロが、NHKソチオリンピック・パラリンピック放送のテーマソング担当アーティストに決定した。

【その他の画像】コブクロ

2020年のオリンピック・パラリンピックが東京で開催されることになり、日本国内のオリンピックへの関心が高まっているなか、来年のソチ大会のNHK放送テーマソングを担当するアーティストがコブクロに決定した。

4年に一度の夢の舞台、オリンピック。選手にはみなドラマがあり、そのドラマのクライマックスが、オリンピック。栄光をつかむ者もいれば、涙する者も。どんな結果であれ、選手たちは、人生を凝縮させた最高の輝きをみせる。そんな選手たちへ心からのエールを送りたい、また応援する私たちの思いを音楽で表現したいとのNHKの想いから、コブクロにNHKソチオリンピック放送テーマソングが依頼された。楽曲については10月末の発表を予定しており、NHKでは大会期間中のオリンピック放送のオープニングタイトルやエンディングテーマをはじめ、大会前のオリンピック関連番組、PRスポットなどで使用される。

また、12月18日には4年4カ月ぶりとなるオリジナル・アルバム『One Song From Two Hearts』をリリースすることが決定しているコブクロ。彼らから生まれる新しい曲たちに、期待せざるを得ない。

■NHK コメント

人々の心に響く表現力を持ったアーティストであることポイントとしました。数々のヒット曲を生み出した「コブクロ」は、世代や性別を超えて広く支持を受けています。一瞬にかける選手の気持ちを素直に表現し、私たちに大きな感動を与えてくれる楽曲になるものと期待しています。

■コブクロからのコメント

2014年、ソチオリンピックのNHK放送テーマソングを作らせて頂く事になりました。この大会に向けて、日々努力をされているアスリートの方々が沢山います。その一瞬にかける情熱と、そこに生まれる感動や美しさは、冬季独特のものがあります。そんな場面の力になれる様なメロディーと歌詞を、今、模索しています。選手の方と、応援する多くの人々にとって思い出深い冬季オリンピックになるよう、僕等の音楽で後押しできたら良いなと思います。

■アルバム『One Song From Two Hearts』

2013年12月18日(水)発売
<収録曲>
流星 / Blue Bird / あの太陽が、この世界を照らし続けるように。 / 紙飛行機 / One Song From Two Hearts / ダイヤモンド / 蜜蜂 / 未来切手 / リンゴの花 / GAME / LIFE GOES ON / モノクローム  ほか全14曲を収録予定。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング