ユニバーサルシグマ所属のアーティストによる「シグマフェス」に1万人が熱狂!

okmusic UP's / 2013年9月15日 10時0分

松田聖子&クリス・ハート (okmusic UP's)

今年でレーベル設立10周年を迎える、ユニバーサルシグマ(ユニバーサルミュージック合同会社)の主催するフェス、「UNIVERSAL SIGMA 10TH ANNIVERSARY SIGMA FES. 2013 ~U-EXPRESS LIVE AUTUMN~」が、9月14日(土)に幕張メッセ国際展示場ホールにて開催された。

【その他の画像】松田聖子

出演者は1万人規模のフェス初参戦の松田聖子をはじめとする、ユニバーサルミュージック合同会社ユニバーサルシグマ所属の15組のアーティスト。松田聖子、KARA、ナオト・インティライミ、キマグレン(Special Guest吉川友)、A-JAX、ケラケラ、クリス・ハート、DJ KAORI、Juliet、TEE、GOLD RUSH、Una、Special Opening act : Da-iCE、ウォーミング・アッパー:あっくん。他では絶対に観ることが出来ない貴重なライブで1万人を熱狂させた。

まずは9月5日にユニバーサルシグマからのメジャーデビュー決定が発表されたばかりのDa-iCEがオープニングアクトとして登場。デビュー前に関わらず黄色い声援があがる。Da-iCEはインディーズにも関わらず、「Splash」がレコチョク着うた®総合デイリーチャート1位を獲得し、1st Single「I'll be back」はオリコンウィークリーチャート14位を獲得するなど、話題の5人組・ダンス&ヴォーカルグループ。そんな勢いがまさに感じられるステージで「I'll be back」含む3曲をパフォーマンスした。

続いて、オープニングアクトならぬ“ウォーミングアッパー"として、ド派手過ぎて前が見えないサングラスをかけて登場した、SHIBUYA No.1パーティーロッカー・あっくん。SNSで賛否両論になり話題になっている楽曲、LMFAOの日本語カバー「SHIBUYA PARTY ROCK NIGHT」をテンションMAXでパフォーマンス!さらにPSYの「江南スタイル」をもじり「SIGMAスタイル」としてパフォーマンス!まさにウォーミングアッパーの名に相応しい盛り上げっぷりで会場を熱く沸かせ、本編へ向けてステージは万全の状態になった。

いよいよ本編のスタート!先ずはトップバッター・キマグレンが登場すると、会場からは待ってましたとばかりの大きな歓声があがった。KUREI「最初から飛ばして行きましょう!」ISEKI「トップバッターはキマグレンだー!!」という掛け声とともに、会場は一気にフェスモードに切り替わり、全員がスタンディング!曲がはじまると両手を大きく揺らしそれに答えた。代表曲「LIFE」は流石としか言いようがない鉄板の盛り上がりを見せた。その後Special Guest吉川友を呼び込み、グリコカフェオーレのCMがきっかけで結成されたユニット、『きっかレン』として「カフェオーレのうた」「あいまいな関係」を披露。「あいまいな関係」では60名のKANKO DREAM TEAMと共にあいまいダンスを披露し、(KANKO DREAM TEAMとは:子どもたちの夢を応援するカンコー学生服の「KANKO DREAM PROJECT」で選ばれた5チーム)、会場を一体にして盛り上げた。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング