スタレビ、KAN、竹善、馬場俊英が出演した、毎年完売の人気イベント『風のハミング』開催

okmusic UP's / 2013年9月16日 12時0分

9月14日@靭公園センターコート特設会場 photo by 田浦ボン (okmusic UP's)

大人のためのミュージックステーションをコンセプトにするFM COCOLOでDJを務めるKANと根本要(スターダスト・レビュー)と馬場俊英を中心に、'11年に始まった野外コンサートの『靭公園 MUSIC FESTA FM COCOLO ~風のハミング~』。その3 回目が今年も大阪・靭公園センターコート特設会場に6,500人の音楽ファンを集めて開かれた。

【その他の画像】スターダスト・レビュー

今回、佐藤竹善(SING LIKE TALKING)、そしてシークレットゲストとして鈴木雅之も出演。それぞれの代表曲はもちろん、9月11日にリリースした、このイベントのオリジナルソング『靭のハミング』 (スターダスト・レビュー、KAN、馬場俊英によるコラボ・シングル)やカバー曲も披露。また、総合司会を馬場俊英が務め、影アナをメンバーとともに行ったり、円形ステージの方向転換を出演者が自ら行うなど、手作り感も満載。ここだけのコラボステージあり、爆笑トークあり、アーティストのモノマネあり、さらにコントあり…と、盛りだくさんの内容でアットホームな空気感が漂う会場は終始笑顔に包まれたコンサートとなった。

 アメリカンフットボールのユニフォームに身を包んだKAN、ピンクのシャツ姿の根本要、チェック柄のシャツを着た馬場俊英。3 人が登場し、ポール・マッカートニー来日決定を記念してウイングスの『My Love』、さらに佐藤竹善も加わってビートルズの『Nowhere Man』を見事なハーモニーで熱唱してコンサートが始まった。

 本邦初公開となるオリジナルソング『靭のハミング』は、KANが作詞作曲。「みなさんにハミングしてもらうために作った曲」(KAN)ということで、KANによるハミングの事前講習もバッチリで会場は見事にひとつになった。続いてそれぞれの代表曲を演奏。序盤から大いに盛り上がっていく。

 それぞれがメインを務めるステージも、選曲を始め、趣向が凝らされていた。KANはキーボードの弾き語りで、大ヒット曲『愛は勝つ』など、微笑ましくもほのぼのとしたステージを展開。佐藤竹善、根本要とのコラボでは抜群のハーモニーでオーディエンスを魅了する。ビートルズのカバー『Baby's in Black』では、「邦題をつけるとしたら『喪服に萌え萌え』(笑)」(KAN)と紹介するなど、和ませるトークもさすがだった。

 一方、ギターとパーカッションをサポートに、真摯な歌声を聴かせたのが馬場俊英。リアルなメッセージを託した馬場流人生応援歌を力強く、そして温かく歌っていく。会場がテニスコートということで、テニスコートを舞台にした歌詞の曲である田原俊彦の『ハッとして!Good』もカバー。ハートフルな世界観が何より印象的なステージだった。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング