D'ERLANGER、嵐のような爆音が渦巻いたツアーファイナル!

okmusic UP's / 2013年9月18日 0時0分

9月16日(月・祝)@東京・品川 ステラボール photo by 増田勇一 (okmusic UP's)

去る5月に発売された約4年半ぶりのオリジナル・アルバム『#Sixx』に伴う全国ツアー、『TOUR 2013 #Sixx』を7月から展開してきたD'ERLANGER。全15公演に及ぶ同ツアーの最終公演が、9月16日に東京・品川ステラボールにて開催された。

【その他の画像】D'ERLANGER

当日、台風18号上陸の影響により、関東近郊でも一部の交通網に麻痺などが生じていたため、開演時刻を遅延させるという措置がとられたが、夕刻には天候も穏やかなものに。しかしステラボールの館内には嵐のような爆音が渦巻くことになった。

当初の開演予定時刻だった午後6時をちょうど30分ほど過ぎた頃、場内は暗転。最新作の幕開けを飾っていたオープニングSEの「XXiS」がけたたましく鳴り響くと、ステージ上の配置に着いたメンバーたちが演奏し始めたのは「MY BLOODY BURROUGH'S POEM」。刺激度の高い官能的なグルーヴに支配された同楽曲から続けざまに披露された序盤の4曲は、まさに『#Sixx』での収録順そのままに並べられていた。アルバム完成当時に彼ら自身が抱いていた確信が、各地でのライヴを重ねてきた現在も揺らいでいない証拠だろう。

実際、アンコールも含めて約1時間45分に及んだこの日のライヴに、ツアー・ファイナルならではの具体的なサプライズは特に仕掛けられていなかった。もちろん小規模なライヴハウスなどでは不可能な照明効果による演出などは含まれていたものの、芝居がかった要素も皆無なら、懐かしい楽曲を通常以上に引っ張り出してくるようなこともない。言ってしまえば、今回のツアー全体を通じてセットリスト自体にも大きな差異は生じていないし、この夜もあくまで『#Sixx』を中心軸に据えながらのライヴが繰り広げられた。もちろん、久しくライヴで披露されていない過去の曲たちをもっと聴きたかったというファンも、なかにはいたことだろう。が、そうした人たちですらも、D'ERLANGERというバンドの今現在の充実ぶりというのを痛いほど感じせられることになったに違いない。

とにかくライヴ全体を通じて感じさせられたのは、やはり彼らの尋常ではない“バンド力"のすさまじさだった。“個"がそれぞれに際立っているうえに、それがぶつかりあったときに、D'ERLANGERでしか起こり得ない化学反応やマジックが発生するのだ。それを生で体感できる機会が今後しばらく得られそうにないのが残念ではあるが、このツアーで彼ら自身が得てきた確信と刺激が、どのように“次"に反映されることになるかが、今から楽しみでもある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング