ドリカム、徳永英明などを収録したクリスマス時期限定の失恋ソング集リリース

OKMusic / 2013年11月5日 12時23分

『X’mas LOVE SONGS~冬の涙の処方箋』ジャケット (okmusic UP's)

2013年11月6日にコンピレーションCD『X’mas LOVE SONGS~冬の涙の処方箋』がリリースされることが明らかになった。


【その他の画像】DREAMS COME TRUE

クリスマスをテーマにした本作は裏テーマを“失恋クリスマス”としクリスマス時期における失恋ソングに限定した、いわば“お一人さま限定のクリスマスCD”。これまでのコンピレーションとしては前例がないテーマのもと80年代~00年代の名曲を多数収録。

実際に本作の収録曲であるクリスマスの“別れ唄”は、必ずしも物悲しいものではないことも大きなポイントで、歌詞だけ読んでみれば悲しい状況なのに、サウンドはどこかファンタジックなものが多く、「時には一人もいい。明日も頑張ってみようか」と前向きな気持ちになることができる。また、ジャケットや解説付きのブックレットには、可愛らし猫達がクリスマスに独りぼっちでいる写真が使われているキュートなアートワークとなっている。

なお、本作は「涙活」を推奨する全米感涙協会(www.ruikatsu.com)認定のオススメ作品。「涙活」とは、1か月に2~3分だけでも能動的に涙を流すことによって心のデトックスを図る活動で、離婚プランナーの寺井広樹氏が提唱した運動。泣ける映画・音楽・詩の朗読など毎回テーマを変えて「涙活」イベントも開催されいるとのこと。現在2000人を対象としたアンケートによると、「クリスマスイブは誰と過ごす?」という質問で、最も多かったのが「一人で過ごす」の43%との結果もあることから同作を聴きながら一人の夜にそっと「涙活」してみてはいかがだろうか?

■<作品情報>

『X’mas LOVE SONGS ~冬の涙処方箋~』
UICZ-8132 ¥2,415(税込) 2013年11月6日発売
1 もしも雪なら/DREAMS COME TRUE
2 Midnight Flight ―ひとりぼっちのクリスマス・イブ/浜田省吾
3 メリークリスマスが言えない/稲垣潤一
4 最後のHoly Night/杉山清貴
5 サイレント・イヴ(re-recording) /辛島美登里
6 I LOVE YOU/徳永英明
7 サヨナラ/岡本真夜
8 嘆きの雪/小谷美紗子
9 何も言えなくて/J-WALK
10 クリスマスの夜/岡村孝子
11 12月のエイプリルフール(Acoustic Version) /EPO
12 最後のX'mas eve/中原めいこ
13 X'mas in the Blue/山本英美
14 いとしいひとへ~Merry Christmas~/大黒摩季
15 8月のクリスマス/山崎まさよし

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング