家入レオ、シングル「太陽の女神」発売記念フリーライヴを開催

okmusic UP's / 2013年11月11日 16時0分

11月10日(日)@東京・ダイバーシティ東京プラザ (okmusic UP's)

11月10日、家入レオが5枚目となるシングル「太陽の女神」のリリースを記念したフリーライヴを大阪・千里セルシー、東京・ダイバーシティ東京プラザの2ヶ所で開催した。

【その他の画像】家入レオ

日中に行われた大阪・千里セルシー セルシー広場でのフリーライヴでは、降り続いていた雨が開演直前に止むという幸運に恵まれ、駆け付けた2,000人のファンと共に熱いライヴを展開。夕方には東京に移動し、ダイバーシティ東京プラザ・フェスティバル広場にてこの日2度目のフリーライヴを行なった。

全身を黒でまとめた秋らしいファッションに身を包んで登場した家入は、まず1曲目に大ヒット曲「Shine」を歌唱。「本当にたくさんの方が来てくださって…私、(身長が)小さいんですけど、大丈夫ですか? みなさん見えていますか?」と呼びかけ、「寒い中、早くから待ってくださってありがとうございます。暖かくして、風邪を引かないように気を付けてくださいね」と、ファンを気遣う一幕も見られた。

続く2曲目には、「今年の春に高校を卒業して、いろんな価値観が変わりました。ブログとかSNSとか、バーチャルな世界も便利で素敵だけど、直接顔を見て交わすコミュニケーションも大事にしていきたい、という想いで作った曲です」とMCで語り、学校法人・専門学校 首都医校/大阪医専/名古屋医専 2013年TVCMソングで、今回のシングルにも収録されている「君に届け」を熱唱。そして、「本当は今日、降水確率90%と言われていたそうなんですが、なんとか天気も持ちこたえて。こうしてみなさんとお会いできたこと、本当に嬉しく思っています」という家入のコメントに、観客から拍手が沸き起こった後は、「大切な人とどうやって向き合っていくか、考えるきっかけの曲になってくれればいいなと思います」と、ラストに新曲「太陽の女神」をパフォーマンス。輝くクリスマスイルミネーションの中、力強く響く歌声に、会場は大歓声に包まれた。ライヴ終了後にはハイタッチ会も行なわれ、家入自ら集まったファンと直接触れ合うなど、充実したイベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

無事にシングルリリース記念フリーライヴを終えた家入だが、11月15日からは、名古屋を皮切りにいよいよセカンド・ワンマンツアーがスタート。さらに、2014年春には初の全国ワンマンツアーの開催も発表されている。この絶好のチャンスに、是非一度彼女の音楽に触れにいってみてはいかがだろうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング