アニメ「シドニアの騎士」制作発表会にて新情報が解禁

OKMusic / 2013年11月11日 22時15分

アニメ「シドニアの騎士」第2弾キービジュアル  (C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局 (C)TSUTOMU NIHEI・KODANSHA/KOS PRODUCTION COMMITTEE(okmusic UP's)

2013年11月9日(土)東京・五反田の東京デザインセンター内ガレリアホールで行われた、アニメ「シドニアの騎士」の制作発表会にて、同作品が2014年春にTVアニメ化されること、第2弾キービジュアル、第2弾PV、キャスト16名が解禁となった。


【その他の画像】V.A.(アニメ)

制作発表会では、原作:弐瓶勉(ニヘイツトム)の大ファンであるという鉄平(虎池重工)が司会を務め、洲崎綾(星白 閑 役)、豊崎愛生(科戸瀬イザナ 役)、櫻井孝宏(岐神海苔夫 役)、喜多村英梨(仄 姉妹 役)、大原さやか(小林艦長 役)、森なな子(山野栄子 役)、坪井智浩(勢威一郎 役)、田中敦子(サマリ・イッタン 役)、静野孔文監督、瀬下寛之副監督が登壇。シドニア、寄居子(ガウナ)、継衛(つぐもり)、光合成といった作品中の重要なキーワードを元に設定や世界観のプレゼンが行われ、キャスト一人一人が自ら演じる役と作品への熱意を語った。

アニメ「シドニアの騎士」は、講談社「アフタヌーン」連載のハードSF作品を、日本屈指のCG制作会社ポリゴン・ピクチュアズが制作するデジタルアニメーション。なお、同社が日本のテレビアニメーションを担当するのは初めてとのこと。解禁情報の詳細については下記情報、ならびにリニューアルされたばかりの公式HP(http://www.knightsofsidonia.com)をチェックしよう。

--------------------------------------------------------

<アニメ「シドニアの騎士」解禁情報>

★公式HPリニューアル
⇒http://www.knightsofsidonia.com

★第2弾キービジュアル解禁

★第2弾PV解禁
⇒http://www.youtube.com/watch?v=I31QP4SE3Gw

★キャスト16名を解禁
谷風 長道(Nagate Tanikaze):逢坂良太(RYOTA OOSAKA)
星白 閑(Shizuka Hoshijiro):洲崎 綾(AYA SUZAKI)
科戸瀬 イザナ(Izana Shinatose):豊崎愛生(AKI TOYOSAKI)
岐神 海苔夫(Norio Kunato):  櫻井孝宏(TAKAHIRO SAKURAI)
緑川 纈(Yuhata Midorikawa):  金元寿子(HISAKO KANEMOTO)
仄 姉妹(Honoka Series):喜多村英梨(ERI KITAMURA)
小林艦長(Captain Kobayashi):大原さやか(SAYAKA OHARA)
勢威 一郎(Ichiro Seii):坪井智浩(TOMOHIRO TSUBOI)
落合(Ochiai):子安武人(TAKEHITO KOYASU)
ヒ山 ララァ(Lala Hiyama):新井里美(SATOMI ARAI)
サマリ・イッタン(Samari Ittan):田中敦子(ATSUKO TANAKA)
山野 栄子(Eiko Yamano):森なな子(NANAKO MORI)
佐々木(Sasaki):本田貴子(TAKAKO HONDA)
弦打(Tsuruuchi):鳥海浩輔(KOUSUKE TORIUMI)
岐神海蘊(Mozuku Kunato):佐倉綾音(AYANE SAKURA)
丹波新輔(Shinsuke Tanba):阪 脩(OSAMU SAKA)

★放送時期を解禁
「2014年春テレビアニメ化」


■「シドニアの騎士」

対話不能の異生物・奇居子に破壊された太陽系。
かろうじて生き残った人類の一部は、小惑星を船体とした巨大なる宇宙船シドニアで繁殖しながら宇宙を旅する道を選んだ。それから約1000年の時を経たシドニア出航紀元1009年。最下層部でひっそりと育てられた少年・谷風長道が、祖父の死を期に街へ出る。長道は人型巨大装甲・衛人の操縦士訓練学校に入学することになり、そこで初めて祖父以-外の人間と触れあっていく。

長道が初めて異性を意識する少女――星白閑
長道の初めての友人となった男でも女でもない人間――科戸瀬イザナ
長道の活躍に苛立ちを覚える少年――岐神海苔夫

様々な訓練生たちと学校生活を送る中、ついに長道たちに初任務が下される。
それは決して困難な任務ではないはずだった。
しかし長道たちの前に突如、奇居子が出現。
100年ぶりとなる脅威との遭遇に、人類は、長道は、何を選択するのか?
人類の存亡をかけた戦いが今、始まる――。


<原作者>

弐瓶勉(Tsutomu Nihei)

1971年生まれ。男性。福島県郡山市出身。代表作に『BLAME!』『バイオメガ』『シドニアの騎士』など。デビュー以来一貫して重厚にしてオリジナリティあふれるSF作品を描き続け、国内のみならず世界中から高い評価を受ける。2009年より月刊「アフタヌーン」で『シドニアの騎士』を連載中。


<ポリゴン・ピクチュアズ>

1983年設立の映像制作スタジオ。設立当初から3DCGの研究開発を積極的に手がけ、黎明期のCG業界で独自の存在感を示す。1995年には、同社が企画したイワトビペンギンのキャラクター「ロッキー × ホッパー」が、テレビCMに採用され大ヒット。その後も、映画『スカイクロラ』や、ゲーム『ストリートファイター』シリーズなどの制作に参加、幅広く活動する。2010年からは、テレビシリーズ制作に本格的に進出。『トランスフォーマー プライム』『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』を制作し、エミー賞を3年連続で受賞するという快挙を達成した。また2012年には、CGに2D的表現を取り入れた『トロン:ライジング』を発表、2013年度のアニー賞を獲得している。このような輝かしい実績をあげた同社が、30周年記念作として日本のコミックを原作とするアニメを制作する。それがテレビシリーズ『シドニアの騎士』である。同社の高い技術力を活かした新しい表現手法に、世界から大きな注目が集まっている。


<メインスタッフ>

原作:弐瓶 勉  講談社「アフタヌーン」連載
監督:静野 孔文(「名探偵コナン絶海の探偵(プライベート・アイ)」「G.I.Joe:Sigma 6」)
副監督:瀬下寛之(「ストリートファイター×鉄拳」「ファイナルファンタジー」)
シリーズ構成・脚本:村井さだゆき(「スチームボーイ」「千年女優」)
造形監督:片塰満則(「ハウルの動く城」「トロン:ライジング」)
プロダクションデザイナー:田中直哉(「もののけ姫」「トロン:ライジング」)
CGスーパーバイザー:上本雅之(「トランスフォーマー プライム」「CASSHERN」)
バトルアニマティクス:大串映二(「スカイ・クロラ」「ホッタラケの島」)
キャラクターデザイン:森山佑樹(「ストリートファイターX鉄拳」「恐竜ドミニオン」)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ(「スターウォーズ:クローン・ウォーズ」「トロン:ライジング」)
製作:東亜重工動画制作局


(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局
(C)TSUTOMU NIHEI・KODANSHA/KOS PRODUCTION COMMITTEE



関連リンク:

シドニアの騎士
⇒http://www.knightsofsidonia.com

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング