日本作品初の快挙! 前田敦子と黒沢清がタッグを組んだ作品が第8回ローマ国際映画祭でダブル受賞!!

okmusic UP's / 2013年11月17日 16時0分

『Seventh Code』 (okmusic UP's)

現在開催中の第8回ローマ国際映画祭の授賞式が、現地時間16日19時、日本時間11月17日午前3時より行なわれ、前田敦子と黒沢清監督が初めてタッグを組んだ『Seventh Code』(日本公開未定)が、全18作品のインターナショナル・コンペティション部門のうち、監督賞(Best Director Award)と、優れた技術に贈られる技術貢献賞(Award for Best Technical Contribution)の2冠を獲得した。

【その他の画像】前田敦子

本作は今年6月に黒沢監督初となるロシア・ウラジオストクでの海外オールロケを敢行。前田敦子演じるひとりの女が、東京で出会った男を異国の地で追い求めていく、謎に満ちた物語が展開していく。黒沢監督が出席した公式上映では、1,000 席ほどある会場が平日の夜にも関わらず各国の観客で埋め尽くされ、上映後はエンドロールが流れている間から鳴り止まないスタンディングオベーションに包まれた。日本作品による、本映画祭での受賞は初の快挙となる。

今回の受賞について監督の黒沢清監督は「ローマ国際映画祭に出品できただけでも十分満足しておりましたが、受賞の報を聞いて大変驚いています。他にも素晴らしい作品が数多くある中で、今回の作品に賞を与えてくれたことを、とても嬉しく思っています。」とコメント。また出演した前田敦子は「黒沢監督凄い!ビックリしすぎて意味がわかりません。私は監督の指示に従っただけですが、私もすごく嬉しいです!監督賞、技術貢献賞、本当におめでとうございます!」とコメント。日本公開はまだ未定だが、気になる方はご確認を。

■『Seventh Code』

出演:前田敦子 鈴木亮平 アイシー 山本浩司
監督・脚本:黒沢 清 『リアル~完全なる首長竜の日~』『トウキョウソナタ』
製作:AKS
制作協力:キングレコード
制作プロダクション:日活、ジャンゴフィルム
2013 年/日本/ビスタ/60 分/カラー ©013 AKS

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング