SEBASTIAN X、日比谷野音で自主野外イベント開催決定

okmusic UP's / 2013年11月24日 17時0分

11月22日@恵比寿LIQUIDROOM (okmusic UP's)

8月に2ndフル・アルバム『POWER OF NOISE』をリリースしたSEBASTIAN Xのリリース・ツアー・ファイナルが、11月22日に恵比寿LIQUIDROOMで行われ、2014年4月19日(土)に自主野外イベント「春告ジャンボリー」を日比谷野外音楽堂にて開催することを発表した。

【その他の画像】SEBASTIAN X

バンド史上最高となるキャパの会場でのワンマンだったが、会場は後方まで人で埋まり、今のSEBASTIAN Xに対する期待値の高さは、そのオーディエンスの熱量からも沸々と感じさせた。

ライブは新作アルバムと同じ「POWER OF VITAL」からスタート。そこから「サディスティック・カシオペア」、「ROSE GARDEN, BABY BLUE」とバンドの代表曲を立て続けに演奏。沖山良太の叩き出す太く力強いビート、飯田裕のバーストするノイジーなベース、工藤歩里の紡ぐしなやかで美 しいメロディ、そして永原真夏の伸びやかで芯の通った歌声。バンドメンバーそれぞれの個性が四位一体となったサウンドで、オーディエンスの心を吸引していく。

永原が弾くピアニカに導かれるようにグルーヴ感溢れるアレンジに変貌を遂げていた「ASO」、続く「ツアー・スターピープル」、「フェスティバル」というオールドレパートリーの流れでは、会場はさながら祭りのような祝祭感を宿し、オーディエンスも狂騒状態に。ジャンルすら超えていくよう な、SEBASTIAN Xの放つ根源的な音楽の力をこれでもかと感じさせるパフォーマンスだ。永原が「ずっと歌い続けていきたい曲です」と語った後に演奏された「光のたてがみ」では、その輝くようなメロディの美しさと覚醒感に思わず息を呑む。

そして中盤。永原が日記を書くように綴ったという「光/男/カメラ」、「日向の国のユカ」、そして「三日月ピクニック」といったメロウな楽曲で は、オーディエンスをさっきまでの狂騒とはまるで別空間に誘う。 会場をしっとりとしたトーンで落ち着けた後は、SEBASTIAN X流の瞬間最大風速パンク・ナンバー「ひなぎく戦闘機」で再び会場は熱狂の渦へ。永原の軽快なラップが冴え渡る「MIC DISCOVERY」、そしてSEBASTIAN Xの代名詞的名曲「ワンダフルワールド」といった必殺パンチの連発で、会場のボルテージも最高潮に。そこから「ヒバリオペラ」でのコール&レスポンスで は、まさにバンドとオーディエンスが一心同体となったような空気感が会場を包み込む。そして本編最後に演奏されたのは「DNA」。永原の「聞こえるかい?」の呼びかけに、「聞こえるかい?」と応える会場。まさにバンドとオーディエンスのDNA同士が呼応し、呼びかけあっているような感動的 な瞬間だった。アンコールでは疾走感の溢れる「つきぬけて」、そしてバンドの代表曲「GO BACK TO MONSTER」を披露。さらに鳴り止まない手拍子に応えてのダブル・アンコールでは、永原がオーディエンスのいるフロアの下手から登場し、「食卓の賛歌」をアカペラでオーディエンスと一緒に合唱した。このあまりに普遍的で、それでいてSEBASTIAN Xの根源的なメッセージ性を宿した楽曲がオーディエンスの中に浸透していくその様はとても感動的だった。そして、まだまだ鳴り止まない手拍子に応えてトリ プル・アンコールとして、未来を高らかに歌う「F.U.T.U.R.E.」を披露。2時間40分にも渡るこのツアーファイナルは到達点ではなく、バンドの将来への期待と確信を感じさせる名演だった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング