赤い公園、ツアー千秋楽でアニメ&映画Wタイアップのシングルリリースを発表

okmusic UP's / 2013年11月25日 17時0分

11月23日@東京・キネマ倶楽部 photo by 福本和洋 (okmusic UP's)

1stフルアルバム『公園デビュー』を8月にリリースした赤い公園が、リリースツアーの千秋楽を11月23日に東京・キネマ倶楽部で行った。

【その他の画像】赤い公園

初のワンマンツアー最終日となったこの日の公演はチケットも完売し、詰めかけた満員のオーディエンスを前に「今更」や「交信」など全22曲を披露。興奮冷めやらぬ終演後の「影アナ」で、2014年2月に「公園デビュー」後、初のリリースとなるニューシングルの発売、3月に恵比寿リキッドルームにて自主企画イベントの開催が発表され、会場では割れんばかりの歓声が起こった。

2014年2月12日に発売される、3rdシングル「風が知ってる/ひつじ屋さん」。「風が知ってる」は、2014年1月からスタートするTVアニメ『とある飛空士への恋歌』EDテーマとして書き下ろされた新曲。サウンドプロデュースに亀田誠治、エンジニアに井上うにを迎えた壮大なミディアムバラード。「ひつじ屋さん」は、増田有華主演で今冬公開になる『呪報2405 ワタシが死ぬ理由 劇場版』の主題歌で、こちらはエンジニアに日下貴世志を迎えた強力なロックチューン。アニメと映画のダブルタイアップシングルとなる事が決定した。

また、前回のシングルでは小田和正「さよならは言わない」のカバーが収録されていたが、今回は平井堅「POP STAR」をカバーして収録。名曲がどのように赤い公園流にアレンジされているのか、期待が高まる。CDには上記の3曲とカラオケが収録され、初回限定盤には「風が知ってる」MVとドキュメンタリー映像を収録したDVDが付属。通常盤にはボーナストラックとして、現在OA中の日本テレビ「PON!」のジングルが収録される。

なお、今作ではアートワークやMVのクリエイティブディレクターとして、サカナクション等を手がける北澤"momo"寿志が参加する事も決定している。

【赤い公園 コメント】
「シングルをリリースすることが決定し、とても嬉しく思っております。今回はアニメ作品のEDテーマと映画作品の主題歌という事で、イメージを損なわないようにと作っていたら楽しくなってきてしまい、最終的にはやりたい放題でした。楽曲制作のきっかけを頂き、こんなにも自由に曲を作れた事を心から感謝しております。そして、またしてもカバーをさせて頂きました。こちらも、原曲への愛一貫で編曲致しました。是非、皆様聴いて下さい。超自信作です。私の独断と偏見で胸を張って言えます。これからも気ままな赤い公園をどうぞ宜しくお願い致します」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング