アニメとクラブミュージックの融合“Re:animation6”をレポート

okmusic UP's / 2013年11月26日 22時15分

“Re:animation6 - Rave in NAKANO なかのまちめぐり博覧会-”の模様 (okmusic UP's)

アニメーション文化とクラブミュージック文化を融合させた音楽イベント“Re:animation6 - Rave in NAKANO なかのまちめぐり博覧会-”が、2013年11月24日(日)中野駅北口暫定広場にて開催された。


【その他の画像】コスプレイヤーも多数集結したイベントの模様

そこで今回は、過去最高の動員となる1,910名を集め、アニメファン、コスプレイヤー、クラバーをはじめ、地元中野の方々も含め、老若男女を問わず盛り上がりをみせたという同イベントのレポートをお届けする。

--------------------------------------------------------

■Re:animation6 - Rave in NAKANO なかのまちめぐり博覧会-

日時:2013年11月24日(日)11:00~18:00
会場:中野駅前暫定広場 (中野駅北口徒歩1分、中野サンプラザ正面)
入場料:無料 (クラウドファンディングで3,000円以上の支援をいただいた方は優先入場パスを提供)
主催:リアニメーション実行委員会
共催:一般社団法人 中野区観光協会
後援:中野区
協力:パイオニア株式会社
備考:小雨決行・荒天中止。
お問い合わせ:リアニメーション実行委員会(http://reanimation.jp/)


●当日のレポート

数々のRe:animationのトリを飾ってきたDJ「spacetime」が、イベントのオープニングDJを担当。早い時間から集客は200名を超えており、新旧織り交ぜたアニソン原曲によるDJを披露した。

2番手を務めたのは、群馬県在住のアニソンDJ「JunkMA」。アニソン原曲に加えて、アニソンのEDM Remixなど、重低音が強調されたサウンドを中野駅前に鳴り響かせた。

続けて、独自のDJスタイルでリアルタイムにRemixプレイを行うDJニッチが登場。アニソンだけでなく、演歌、ビジュアル系まで、幅広いジャンルの音楽を全てダンスミュージックへ変換し、フロアを盛り上げた。

その後、クラブシーンからの刺客として登場した「JACKKN & Norihito Ogawa」。秋風に木の葉舞うDJブースで、「JACKKN」がRAPを交えた自身のオリジナル曲「the sky」などを披露し、「Norihito ogawa」がクールジャパンを代表するアニメ作品「新世紀エヴァンゲリオン」「攻殻機動隊」などのサウンドを中心に、変幻自在な生着替えも盛り込んだDJパフォーマンスとして披露。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング