スキマスイッチ、「ホノルル・レインボー駅伝」オフィシャルサポーターに就任!

okmusic UP's / 2013年11月27日 18時0分

スキマスイッチ (okmusic UP's)

2014年3月8日に開催される、第2回「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2014」のオフィシャル・サポーターにスキマスイッチが就任することが決定した。

【その他の画像】スキマスイッチ

ハワイ初のアマチュア参加型市民イベント「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)」は、第20回を迎える環太平洋の文化交流促進イベント「ホノルル フェスティバル」と連携し、スポーツを通じて環太平洋の国と地域の交流機会を創ることを目的として2013年3月にスタート。日本生まれの“駅伝競技"とその“運動会"カルチャーは、日本のみならず、 “運動会"文化のないハワイに根付く市民参加型イベントとしての地位を確立した。

第2回目となる2014年は、大会オフィシャル・サポーターとして今年デビュー10周年を迎えたスキマスイッチが就任、先述のオフィシャルイメージソングに「虹のレシピ」が起用され、大会を盛り上げる。スキマスイッチが奏でる楽曲は、見ている者、聴いている者を幸せな気分にする、そんなふたりが創り出すその虹(音楽)とホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)のテーマ“太平洋に架ける虹、つなぐこころ"に合致し、今回のイメージソング起用となった。また、彼らのオフィシャル・サポーター就任にともない、スペシャル・ライヴがハワイの象徴でもあるダイヤモンドヘッドの麓で開催されることも決定した。

スキマスイッチは先日、デビュー10周年記念アリーナツアー『スキマスイッチ10th Anniversary Arena TOUR2013“POPMAN'S WORLD"』がツアーファイナルを迎え、同アリーナツアーのさいたま公演の模様を収録した、ライヴ・アルバムとライヴBlu-ray & DVDのリリースが発表となったばかり。12月28日(土)にはデビュー10周年アニバーサリー・イヤーのラストを飾る初の日本武道館公演『Sukimaswitch 10th Anniversary“Symphonic Sound of Sukimaswitch"』も控えている。2014年、デビュー11年目の新しい試みにさらなる新曲の発表やライヴなど、その精力的な活動に期待が高まる。

■【スキマスイッチ  コメント】

『ハワイは大好きな場所です。自分の好きな場所で行われる駅伝のサポーターをつとめさせていただけるという事でとても嬉しく思います。「虹のレシピ」は2008年のソロ活動後、また二人で スキマスイッチとして活動しようと思った時、最初に作ったシングルで、僕らにとってとても思い入れの深い曲です。僕も普段トレーニングで走る時、音楽は欠かせないものになっています。僕らの音楽が皆さんにとってのそれになれたらとても嬉しいです。』(大橋卓弥)

『ハワイと日本が繋がる素敵なイベントに心が躍ります。襷をつなぐことで心も繋がる、それは例え何キロ離れていようが関係ありません。そして音楽もそんな襷のような役目を果たせると信じています。5年前に制作したこの楽曲は、音楽とそれを聴いてくださるリスナーの皆さんを繋げたい、音楽を楽しむ気持ちを一緒に共有したいという想いから作りました。当日、皆さんの気持ちを少しでも響かせられるように、気持ちを共有出来るようにいいステージにしたいと思います。この楽曲は、みんなで歌うパートもあり、今まで数々の場所で大合唱してきました。それがハワイで実現出来たらこんなに嬉しいことはありません。僕らも全力で応援します。』(常田真太郎)
「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN) 2014」オフィシャルサイト

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング