「華麗なる激情」、23日開催最終章の出場者決定!

okmusic UP's / 2013年12月17日 17時0分

華麗なる激情 (okmusic UP's)

12月15日、「J-ROCK EXPLOSION 2013 華麗なる激情 Vol.7【Tokyo Side】/【Osaka Side】」が、原宿アストロホールとOSAKA MUSEにて開催された。


【その他の画像】ギルガメッシュ

新進気鋭のV系バンドがしのぎを削る「華麗なる激情」。その第7弾は、東京・大阪同時開催という前代未聞の形式で行なわれた。

「Vol.7」には、11月に開催された「華麗なる激情 【Tokyo HEAT】/【Osaka HEAT】」を勝ち抜いた8バンドが登場。原宿アストロホールでの【Tokyo Side】には、シビレバシル、SRASH NOTES GARDEN、BADMAN、ぞんびの4組。

OSAKA MUSEでの【Osaka Side】には、EVE、umbrella、Crimson Shiva、ジンの4組が出演。12月23日に新宿BLAZEにて開催される「華麗なる激情 最終章 -新たなる旅立ち-」への出演権を賭け、「ガチンコ投票バトル」を繰り広げた。

「最終章」への出演者は、「華麗なる激情」オフィシャルサイトでの【事前投票】、当日各会場に来場したオーディエンスによる【現地投票】、そして「ニコニコ生放送」「JAMBORiii STATION」での生中継を視聴している【ネット投票】を合算したポイントにより、東京、大阪それぞれトップの1組のみが進出することとなる。多くの注目が集まる中、各会場で熱戦の火ぶたが切って落とされた。

【Tokyo Side】
「華麗なる激情」のマスコットキャラクター・激子。の妹である激美。のアナウンスの後、【Tokyo Side】のトップバッターとして登場したのは、ぞんび。「腐り姫」「ハッピーハッピーグロテスク」といったダークファンタジーかつヘヴィなナンバーで会場を席巻。atom(Vo.)はときに目を大きく見開き、鋭い眼光でオーディエンスを挑発していった。また、イベントの名物企画であるDANGER CRUE所属バンドの楽曲カヴァーとして、そろばんの「-RAM-」をプレイ。幕が閉まるその瞬間まで、独自の世界観でオーディエンスを盛り上げた。

続いて登場したのはBADMAN。MUCCの「茫然自失」のカヴァーで一気にスタートダッシュをかけ、そこからエレクトリーモサウンドを畳み掛けていく。ボーカルの8が壮絶なデスボイスで捲し立てる「MY SELF」や、フロアにいるオーディエンスが勢いよく飛び跳ねた「[F.R.E.A.K.S]」など、終始アグレッシブなステージングを展開し続けた。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング