秦 基博×映像作家・島田大介による、スペシャル・ライブが横浜で終幕

okmusic UP's / 2013年12月19日 14時0分

12月18日(水)@横浜・パシフィコ横浜 国立大ホール photo by 杉田 真 (okmusic UP's)

秦 基博が神戸と横浜で2会場4公演、1万2000人を動員したスペシャル・ライブ『Hata Motohiro Visionary live 2013 -historia-』を開催。12月18日(水)に地元・横浜、パシフィコ横浜 国立大ホールにてファイナルを迎えた。

【その他の画像】秦 基博

オープニングは、街の雑踏をSEに記者役のキャストが登場。シャッターを切ると、ほんの一瞬、断片的に美術セットが姿を見せる。4回目のシャッター音と同時に、暗闇の中で照明がステージセンターの秦だけを照らし出す。「Hello to you」の弾き語りからスタートすると、舞台上には次々とセットの輪郭が描かれていく。グラフィカルに映し出された“小屋"と“灯篭"と“歯車"が、実はリアルなステージセットだという事実に観客は程なくして気づかされることになる。1曲目を歌い終え、羽織っていたジャケットを脱ぐと、バンドメンバーが静かに登場。2曲目の「やわらかな午後に遅い朝食を」で、絵画のようなセットがリアルな質感を纏い始め、背景には巨大な一枚絵が出現。ついに舞台美術の全貌が現れる。「Visionary live 2013 -historia-へようこそ!最後まで楽しんで帰ってください!」と秦が第一声を投げ掛けると会場からは大きな拍手が沸き起こった。

今回のライブは、「キミ、メグル、ボク」、「朝が来る前に」、「アイ」、「エンドロール」、「Dear Mr.Tomorrow」、「Girl」など、秦 基博のMVを多数手掛ける映像作家・島田大介とのコラボレーションによるスペシャルライブで、秦のライブパフォーマンスと島田氏の手による美しい映像/コンセプチャルな美術が融合した、今までのステージとは一線を画する幻想的なステージとなっている。

ライブ中盤に披露された「Girl」で、その視覚的要素は精細さを加速させ、躍動感を増した。シルエットの少女が舞台を縦横無尽に飛び跳ね、3つのセットがまるで発光体のような輝きを放っていく。続く「Dear Mr.Tomorrow」「Lily」では上手の灯篭に、絵巻物のようなストーリー性溢れる映像が映し出され、「dot」では星空や雨粒が姿かたちを変える中、惑星が横切り、星が流れたりもする。他、プロジェクション・マッピングと呼ばれる手法で歌とのコラボがフルに活用され、たとえば“歯車"は水車になったり、観覧車になったり、ムービーのスクリーンになったりと、歌に併せ表情豊かに自由自在に変形し、秦の楽曲に一層の彩りと輝きを添え、観客を魅了した。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング