m-flo & ASOBISYSTEMがタッグを組んだ「ASOBONENKAI 2013」開催!

okmusic UP's / 2013年12月25日 19時0分

m-flo×加藤ミリヤ (okmusic UP's)

m-floとASOBISYSTEMがタッグを組み、エンターテインメントを追求した「ASOBONENKAI 2013」が開催された。

【その他の画像】m-flo

m-floの毎年恒例イベントとして、年末のageHaを3,000人規模で盛り上げてきた「m-flo BONENKAI」が、今年はm-floと“HARAJUKU CULTURE"を世界に発信し続けるASOBISYSTEMがタッグを組み、エンターテインメントを追求した「ASOBONENKAI 2013」として開催された。

これまでにない規模で盛り上がりを見せる大忘年会として、m-floは勿論、中田ヤスタカ(CAPSULE)、RAM RIDER、SONPUB、秋本梢など総勢37組ものDJが、【ARENA】【WATER】【ISLAND】【BOX】の4つのステージに別れて出演したビッグパーティーになった。さらに当日は、VERBALプロデュースによる来春登場のシューズ、『Coca-Cola PUMP FURY HLS』のお披露も行なわれた。

m-floがARENAステージに登場すると、満員のオーディエンスから大きな歓声があがり、1夜限りのASOBON!ENKAI Special Live Setは代表曲「Come Again」をモチーフにした「 □[sayonara_2012]」からスタート。Takuが「So Mama I'd Love Catch Up OK」「gET oN!」など、次々にキラーチューンをDropし、VERBALがアグレッシブにアジテイト。フロアは早くも序盤から凄まじい盛り上がりを見せていた。

その後、VERBALの紹介とともに、スペシャルゲストである加藤ミリヤが大歓声とともに呼び込まれ、そのままヒット曲「HEART BEAT」をパフォーマンス。続いてもう1組のスペシャルゲスト、AIも呼び込まれ、AI+加藤ミリヤ+VERBALによるコラボ曲にして、「14SS Reebok CLASSIC FREESTYLE Campaign Song」である「RUN FREE」をパフォーマンス。オーディエンスも最高の盛り上がりを見せた。続いて、AIのヒット曲「ハピネス」が歌唱され、ピースフルな空気で会場も1つになった。

その後も、m-floの楽曲以外にも「FANTASTIC BABY」(BIG BANG)や、「ファッションモンスター」(きゃりーぱみゅぱみゅ)、「Dondada feat.Atsushi Horie」等がプレイされ、また「Lotta Love」や「miss you」「let go」等m-floアンセムが次々とDropされ、会場は大合唱に。さらに来年春にリリースされる予定のニューアルバムから3曲の新曲がDropされ、m-floのSpecial Live Setは大盛り上がりの中、今年も幕を閉じた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング