吉岡亜衣加ニューシングルは「薄桜鬼 鏡花録」テーマ曲、公式インタビューも到着

okmusic UP's / 2013年12月25日 22時15分

吉岡亜衣加 (okmusic UP's)

アニメやゲームで人気の「薄桜鬼」シリーズの関連楽曲などで知られるシンガーソングライター・吉岡亜衣加のニューシングルとして、12月25日にリリースされた「桜の轍」の公式インタビューが到着した。


【その他の画像】シングル「桜の轍」のジャケット

今作には、PlayStation(R)Vita専用ゲーム「薄桜鬼 鏡花録」のOPテーマ「桜の轍」と同EDテーマ「永い余白を越えて」、そして「白き誓い」の3曲を収録。現在、吉岡亜衣加アーティストサイト(http://www.team-e.co.jp/sp/yoshioka_aika/)では、「桜の轍」(Short ver.)の動画も公開中となっている。また、2014年1月4日(土)アニメイト横浜にて、シングルの発売記念イベントが開催。イベントの詳細についてはコチラ(http://www.animate.co.jp/event/event_e20140104yoshioka/)を参照されたい。

なお、吉岡亜衣加の初のベストアルバムが『AIKA'S BEST Premium BOX』(完全限定生産)、『AIKA'S BEST ~桜色~』、『AIKA'S BEST ~空色~』の3形態で2014年3月5日にリリース。こちらの詳細については下記情報、ならびに前述のアーティストサイトをチェックしよう。

--------------------------------------------------------

■吉岡亜衣加さんニューシングル「桜の轍」公式インタビュー

――「桜の轍」について

一番最初に聴いた時に、耳に残るフレーズだなと思いました。
頭の歌いだしの部分が印象深いメロディだったので、
歌詞を印象付けたいと思って気合を入れて歌いました。
サビはかっこよくて爽やかな感じです。

歌詞はいつも女性目線の曲が多いのですが、
今回は男性目線で読み進めていったら、ぴったりはまったので、
そのイメージで歌いました。

――「永い余白を超えて」について

すごくいいメロディの曲だなあ、と思いました。
私のもとへ来てくれて嬉しく思いました。
歌詞は孤独で寂しげなのですが、それを乗り越えて希望を抱こう
という、未来に希望があるような詩になっているので、その気持ちを
メロディにうまく乗せて歌うことを考えました。

――今後の予定を教えて下さい。

年末はカウントダウンライブ「アニソンキング」に出演します。
カウントダウンのイベント出演は初めてなので、私も楽しみにしています。
1/4はアニメイト横浜にて、CD発売記念イベントがあります。
年末年始もファンの方と会える機会があるので、よかったら是非来て頂きたいですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング