MUCC、ツアーファイナルが大盛況!

okmusic UP's / 2013年12月27日 13時0分

2013年12月22日(日)@大阪・オリックス劇場 photo by 田浦ぼん (okmusic UP's)

MUCCが12月22日(日)、大阪・オリックス劇場にてツアーファイナル「MUCC 2DAYS CIRCUIT 2013 FINAL“Hypnos vs Thanatos Z -神と神ドーンΣ(゜Д゜)-"」を開催した!

【その他の画像】MUCC

10月から始まった全国ツアー「2DAYS CIRCUIT 2013"Hypnos & Thanatos"」を締めるツアーファイナルとして選ばれたのは大阪・オリックス劇場! 今回のツアーはすべて2daysで行われ、1日を「Hypnos(=メロウな曲で聴かせる)」、もう1日を「Thanatos(=暴れまくる!)としてステージを構成してきた。しかし、この日のツアーファイナルはその両方を1日で兼ね備えた内容に。タイトルも「MUCC 2DAYS CIRCUIT 2013 FINAL“Hypnos vs Thanatos Z -神と神ドーンΣ(゜Д゜)-"」と、静と動の神々が同じステージでぶつかり合うことに。これまでのバンドの経歴の中でも初の大阪でのツアーファイナル、そして毎年恒例となっている翌年の活動計画発表があるのでは?と予想されるとあって会場には多くのファンが駆けつけた。

会場が暗転しカウントが始まると1曲目に披露されたのは「World's End」! メンバーの姿はスクリーンの奥のまま、そこにPVが映されると彼らの姿は見えずとも突き抜ける爆音に期待が高まり、興奮を抑えきれず大きな歓声が上がる。そして幕が一気に落ち、ステージにメンバーの姿が見えると会場の熱がより高まる。「行こうぜ大阪!!」、逹瑯(Vo)が叫び会場を煽ると、そこから一気に「Thanatos」の世界へ駆け進む! 「大嫌い」「茫然自失」と重厚で激しい楽曲が続いていく。YUKKE(Ba)の重く攻撃的なリズムが会場を揺さぶるように鳴り響き、オーディエンスもホールの席なんて関係ない!と言わんばかりに踊りだす。逹瑯のデスボイスは地響きのように鼓膜を震わせる。ステージはまだ始まったばかりだというのに、熱気は上昇し続ける。続く「絶望」「ガーベラ」暗い底を這うようなドロドロとした世界観にハマる圧倒的なサウンドには美しさすら感じる。そして6曲目、新旧織り交ぜたセットリストに続いて披露されたのは「新曲(2)」。リズム隊が持ち上げる上昇感の強いサウンドがこれからのムックの新しい顔を彩らせることを感じさせる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング