倉木麻衣、シンフォニックライブDVD発売決定

okmusic UP's / 2014年2月1日 11時0分

「Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 2-」 (okmusic UP's)

2013年9月に東京芸術劇場で開催された倉木麻衣のシンフォニックライブ「Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 2-」のDVD化が決定した。

【その他の画像】倉木麻衣

「CARMEN」の情熱的なオーケストラサウンドが鮮烈的なオープニング、燃えるように赤いロングドレスに身を包み、シンガーとしての風格を感じさせる空気をまといステージに登場した倉木。1曲目「Revive」は更に熱く燃え上がるステージで始まり、シンフォニックのクラシカルな印象を一変する鮮やかなシーンから幕を開けた。

壮大なオーケストラアレンジに乗せて会場中に広がる倉木の味わい深く伸びのある歌声はもちろん、東京芸術劇場コンサートホールが誇る世界最大級規模のパイプオルガンがルネッサンス・バロック面からゆっくりとモダン面へと回転していったり、曲に合わせてパイプオルガンの形に伸びていく蔦、跳ね回るうさぎ達等の映像がパイプオルガンに映し出される等、次々と移り変わるステージも必見だ。

また、東日本大震災後に制作されたチャリティソング「あなたがいるから」ではTsunamiヴァイオリンと共演。東日本大震災で発生した津波の流木からつくられたTsunamiヴァイオリンは、ヴァイオリンドクターの中澤宗幸が製作し、ヴァイオリンの心臓部である魂柱には、奇跡の一本松が使用されているという。今回のシンフォニックライブでは、新進のヴァイオリニスト・ Meiが187人目の演奏者として登場し、倉木とコラボレーションを果たした。アンコールでは、“倉木も15歳という事で、自分らしく音楽を通して夢や希望を感じられる…そんな歌を、心を込めて届けていきたいと思います。"と、15周年に向けての想いを初めて語った。

今回も藤原いくろうとの共演で、シンフォニックライブのイメージを良い意味で裏切る、変化に富んだ華やかで躍動するステージを繰り広げた。倉木が今持つ様々な想いが溢れた、必見、必聴の作品となっている。

倉木は3月1日公開の映画「魔女の宅急便」の主題歌を担当しており、2月20日には新宿バルト9で行われる同作品の完成披露試写会に出席することが決定している。デビュー15周年の幕開けから次々と新たな展開が発表されている倉木の1年に、期待は高まるばかりだ。

■リリース情報

DVD『Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 2-』
2014年3月26日発売
VNBM-7020~1/¥6,476(税抜)
※ミニプログラム封入
<DISC1>
PRELUDE 【CARMEN】
01.Revive
02.冷たい海
03.儚さ
04.さくら さくら...
05.Stay by my side
06.Start in my life
07.Reach for the sky
08.風のららら
<DISC2>
Overture 【Prelude for Mai.K】
09.The Sound of Music Special Medley
10. 不思議の国
11. あなたがいるから
12. 明日へ架ける橋
13. chance for you
14. Love, Day After Tomorro
〜アンコール〜
01. Time after time ~花舞う街で~
02. always
Extra stage.
もう一度
Secret of my heart

DVDシングル「Wake me up」
2014年2月26日発売
【初回限定盤】
VNBM-3005/¥1,300(税抜)
<DVD>
1. Wake me up(MV)
2. Wake me up(Live @Mai Kuraki COUNTDOWN LIVE 13-14 ~あRE:がとう!一期一会!~)
<Bonus Disc>
1. Wake me up
2. always giving my heart
3. Wake me up 〜Instrumental〜
【通常盤】
VNBM-3006/¥1,000(税抜)
<DVD>
1. Wake me up(Music Clip)
<Bonus Disc>
1. Wake me up
2. always giving my heart
3. Wake me up 〜Instrumental〜

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング