高橋優、話題の“トイレットペーパー仕様”両A面シングルの正体が明らかに!

okmusic UP's / 2014年2月18日 0時0分

1万限定初回TP盤(トイレットペーパー仕様)の正体が遂に明らかに! (okmusic UP's)

高橋優の2014年初となるシングル「パイオニア/旅人」の1万枚限定初回TP盤(トイレットペーパー仕様)の画像が発表された。

【その他の画像】高橋優

“ジブンノ ミチハジブンデ ヒラケ ジブンノ ケツハ ジブンデ ヌグエ"をテーマに、 1万枚限定初回TP盤(トイレットペーパー仕様)として、CDとオリジナルトイレットペーパーがワンパッケージになっている事は発表になっていたが、今回は遂にトイレットペーパーの正体が明らかになった。また、高橋自身がトイレットペーパー工場に出向き、1万限定盤のトイレットペーパーの内、30個の芯には本人直筆のメッセージを入れた事も判明!

そして、3月12日発売される両A面シングル収録曲「パイオニア」が日本テレビ系「フットンダ」の3月度エンディングテーマに決定した。「フットンダ」は、中京地区毎週火曜日深夜23:59-24:29、関東地区毎週木曜日深夜25:44-26:16の放送となる。

さらに本日2月17日から「パイオニア」のMVがYouTubeにアップされている。今作は“底抜けに明るい気持ちで自分の道を切り開いて行こう"という前向きなメッセージと共に、“誰もがパイオニアになれるんだ!"ということを伝えたいということで、一般の少年と女子高生が登場。普段の服装を脱ぎ去りそれぞれの夢であるコスチュームに脱皮する演出となっており、高橋自らも大人たちの象徴であるスーツに身をまとい歌い、現在の姿に変身していく。その中で、今まさにこの時代のパイオニアとして新たな登山の形を追求しながら夢を追い続け、高橋とも同世代となる登山家の栗城史多氏が特別出演している。栗城氏が活動の目的に掲げている“人は誰もが冒険し、見えない山を登っている。見えない山を登っている全ての人達と冒険を共有し、夢を否定しないで自分の中にあるエベレストに一歩踏み出す人を増やすこと"が、まさに『パイオニア』で伝えたい“誰もがパイオニアになれるんだ"と重なり、出演をオファーすることとなった。MV初出演となった栗城氏は「高橋優さんの詩はストレートで、まさにこれから挑戦していく人々への激励になる歌でした」と「パイオニア」の感想を語った。

また、進むべき方向は東西南北どこにでもあるんだということを表現するために、四方を壁に囲まれた中で撮影されたが、この東西南北に描かれた山々は、栗城氏がエベレストに挑んだ際に撮影された写真が使われ、目の前に立ちはだかる山を乗り越えて行こうというメッセージが込められている。是非、高橋優からのメッセージを感じながら「パイオニア」のMVをじっくり試聴して頂きたい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング