現役高校二年生の優等劣等生! シンガーソングライター・竹友あつきデビュー!

okmusic UP's / 2014年3月5日 16時0分

竹友あつき (okmusic UP's)

17歳、現役高校二年生のシンガーソングライター・竹友あつきが、2014年4月16日にEP「17歳」でEMI RECORDS(ユニバーサルミュージック)よりデビューすることが決定した。

【その他の画像】竹友あつき

現在、神奈川の県立高校に通う竹友あつき。14歳でギターと出会い、Mr.Children、スガシカオ、高橋優、秦基博などにあこがれ、頭の中に泉のようにあふれ出てくるたくさんの曲のイメージをただただ家の中でかき鳴らす毎日を送っていた15歳。16歳の頃、twitterを通じて知り合った、高橋優、HY、クリープハイプなどを手がける音楽プロデューサー・浅田信一との出会いが、彼の人生を大きく変える。「送られてきた作品達はポップなメロディに加え、詞の面では現代の若者の多くが抱えているであろう感情を見事に描き出していた。」 と、浅田氏はいちはやく彼の才能に惚れ込み、アドバイスを開始。半年で70曲を書き上げるそのスピードに加え、その一曲一曲が持つ満ちあふれた輝きは、関係者を驚かす。

その驚きはあっというまに広がり、早くも今年の1月から、彼の地元のfm yokohamaにて、レギュラー番組「教科書の落書き」がスタート。また、プロデューサー・浅田信一の地元でもある静岡のFM局K-MIXでも、レギュラー番組「ロックンロールミュー塾」がスタート。さらにはライブハウスで手売りされている、弾き語りミニアルバム『教科書の落書き』の楽曲に共感した若手クリエイターたちが曲を聴いたイメージで映像を制作。これらは現在ユニバーサル ミュージックのオフィシャルYouTubeチャンネルで紹介されている。

そして17歳。2014年4月16日にEP『17歳』でEMI RECORDS(ユニバーサルミュージック)より、いよいよデビューが決定。さらには表題曲「17歳」に強力タイアップも決定。「TBS系テレビ全国ネット「CDTV」3 月度エンディングテーマ」として全国のTVで流れる。

このMVは東京のストリートカルチャーを発信している、20代の若手クリエーター集団TOKYO CITY BOYSの岩岡将宏氏が担当。「まだ若い高校生には未来があるということ、希望があるということを自分たちの表現として織り交ぜた映像にしました。」と世代が近いからこそわかる感覚で、この楽曲の持つ世界観を見事に映像化。こちらのビデオは現在竹友あつきのオフィシャルページで紹介。「17歳」は本日3月5日より先行配信がスタートする。

■シングル「17歳」先行配信

配信中
■iTunes
http://itunes.apple.com/jp/album/id825625117
■レコチョク
http://recochoku.com/u0/taketomoatsuki/

■EP「17歳」

2014年4月16日発売
TYCT-60034/¥1,800(税抜)
<収録曲>(全7曲) 
ズルいよ/ 16歳 /17歳 / ペンケース/ オムライス / 感情報化社会 / identity
※TBS系テレビ全国ネット「CDTV」3 月度エンディングテーマ「17歳」収録

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング