エビ中、メンバー転校&転入発表後初となるアリーナコンサートを開催!

okmusic UP's / 2014年3月10日 16時0分

3月9日(日)@幕張メッセイベントホール (okmusic UP's)

3月9日、私立恵比寿中学の今年初となる単独アリーナコンサートが幕張メッセイベントホールにて行なわれた。

【その他の画像】私立恵比寿中学

海外留学で杏野なつ(出席番号4番)不在の中、8名で臨むアリーナコンサート。転校(脱退)を発表した瑞季(出席番号1番)、鈴木裕乃(出席番号8番)にとっても、セミファイナル公演となる。「私立恵比寿中学 Luck To The Future PART1」と名づけられた今公演、そして3月21日(金・祝)のグランキューブ大阪で行なわれる公演は「私立恵比寿中学 Luck To The Future PART2」と、タイトルからあの80年代ハリウッド映画の不朽の名作を想起する人が多いことだろう。会場のセットも、80年代に夢想した近未来を思わせる。

お馴染みのSE「ebiture」が鳴り響くと、ステージ中央のLEDスクリーンにメンバーが映し出され、6000人を超えるエビ中ファミリーのコールが飛び交う。スクリーンが上昇し、そこにスタンバイしたメンバーが徐々に姿を現すと、1曲目「仮契約のシンデレラ」がスタート。ステージは息もつかせぬパフォーマンスの連続で、メンバーの不在を感じさせない。MCで星名美怜(出席番号7番)も語っていたように、「1曲でも多く聞いてもらいたい」と熱いステージングを繰り広げていく。本編最後は、ロックバンドにも引けを取らない熱のこもった「大人はわかってくれない」のパフォーマンスで幕を閉じた。

アンコールではいきなり、グランキューブ大阪で初お目見えとなる新入生、小林歌穂(出席番号11番)と中山莉子(出席番号12番)による“カホリコ”コンビのビデオ・ムービーが流れ、そのあまりに初々しすぎる映像にファミリーの笑みがこぼれた。するとこの日初めてサブステージに登場したメンバーは、「R-O-B-O-C-K」「オーマイゴースト?~わたしが悪霊になっても~」「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」とエッジーな楽曲で盛り立てた。そしてこの日一番のサプライズとなる、杏野なつの海外からのビデオレターが会場に流れ、「学校のクッキングの授業が楽しくてシュークリームを作ったこと」や「メンバーとLINEのやりとりをしている」ことなど近況を報告、会場にいるメンバーにエールを送った。すると8名のメンバーがいきなりスタンドにバラバラに登場! お立ち台にのって「踊るガリ勉中学生」「揚げろ!エビフライ」のアッパーチューンで盛り上げ、最後はメンバーのいろんな思いが詰まった「イッショウトモダチ」のパフォーマンスでフィナーレ。安本彩花(出席番号5番)の「なっちゃんのビデオレター最高だった!」という涙ながらのコメントが印象的だった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング