小原礼×屋敷豪太の新ユニット・The Renassanceがファーストアルバムをリリース!

okmusic UP's / 2014年3月11日 14時0分

The Renaissance (okmusic UP's)

多くのアーティスト達からリスペクトを受ける二人のベテラン・ミュージシャン、小原礼と屋敷豪太が結成したユニット・The Renaissanceが、全8曲入りのファースト・アルバム『Renaissance 1er』を3月12日にリリースする。

【その他の画像】The Renaissance

小原は1972年にサディスティック・ミカ・バンドにベーシストとして参加。日本のバンドとして初めてイギリス・デビュー。その後、渡米して、グラミー賞歌手ボニー・レイット、イアン・マクレガン等とツアーを共にし、帰国後は坂本龍一のツアーへの参加、福山雅治等のプロデュースを行なう一方、近年では奥田民生のバンドのレギュラー・メンバーとして活動するなど、日本のポップ・ミュージックを創世記から支え続けるベーシストのパイオニア的存在だ。

一方の屋敷は、80年代に"ミュート・ビート““メロン"で活躍した後、イギリスに渡り、ソウル・II・ソウルのプログラミングを担当。全英チャート・イン。グランド・ビートの創始者とも言われ、シンプリー・レッドに加入後、91年にはアルバム『Stars』を全世界で大ヒットさせている。帰国してからは藤井フミヤ、槇原敬之、スガシカオなどのレコーディングやライブで大活躍するドラマーであり、プロデューサーとしても高い評価を受けている。

日本発、欧米経由、そして日本。似た境遇、価値観の二人が、故・加藤和彦の最後のバンド・VITAMIN-Q featuring ANZAで出会い、そこで意気投合、結成したのがThe Renaissanceだ。

実力派ミュージシャン二人が結成したユニットとあって、演奏重視のゴリッとした作品になっているのかと思いきや、ファースト・アルバム『Renaissance 1er』は、その真逆に位置する作品。美メロにキュートでユーモアたっぷりな歌詞が乗った、しかも全曲二人がヴォーカルを取った、ハイクオリティなJ-POPが展開されているのだから驚きだ。シンプルに必要な事を必要な分だけ入れ、決して力まず、2010年代のJ-POPと世界的なグルーブが融合した、笑いながら共感出来る様なロックンロール。これこそがThe Renaissanceが奏でる、有りそうで無かったフレッシュで魅力的な音楽なのだ。

そして、二人から聞いたレコーディングの心得、「レコーディングでどんなに忙しくても、しっかりランチを楽しみましょう」「シャンパンも添えると、もっと楽しいよ」。これを体現出来てこそのThe Renaissanceの音楽であり、超リラクシング・ロックンロールの真髄はここにあるだろう。未来のJ-POP&J-ROCKは、大笑いして楽しむ大人のもの。そんな二人に共感する著名人から数多くの応援コメントも寄せられているので、下記にて紹介したいと思う。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング