hitomiがMAXとセクシーガールズバンドを結成!?

okmusic UP's / 2014年3月18日 19時0分

hitomi×MAX (okmusic UP's)

デビュー20周年を迎えるhitomiが、自身のヒット曲「CANDY GIRL」のアンサーソングとしてアラフォー女性の心境を歌った配信シングル「バラユメ collaboration with MAX」を3月18日にリリースした。

【その他の画像】Hitomi

鈴木おさむがプロデュースした同世代のMAXとのセクシーガールズバンドの演奏シーンや、アラフォー女性が若い男を誘惑する4人の肉食系女子の一面。ヴォーカル・hitomi、ギター・NANA(MAX)、ベース・MINA(MAX)、ドラム・LINA(MAX)が、ゴールドとシルバーのボディコンに身を包んでライヴするシーンが印象的な同楽曲のMVも必見だ。

hitomi、MAXは共に映像でアーティストとコラボレーションしたのは初めてのこと。今回のコラボレーションに至った経緯は、テレビ朝日リアルドキュメントドラマ『ガールズトーク薔薇組』の演出・脚本を手がけている鈴木おさむから「CANDY GIRL」のアンサーソングを作って欲しいという依頼をhitomiが受け、20歳目前の心境を歌った「CANDY GIRL」に対してアラフォーの今の気持ちを歌った曲「バラユメ」を作ったという。

そして、楽曲が完成した際、「この曲の世界観を、是非鈴木おさむさんに映像化して欲しい」と思ったhitomiがMVのプロデュースをオファーしたそうだ。その後、“90年代”“アラフォー女性の強さ、たくましさ”をキーワードに、hitomiとMAXをコラボさせようというアイディアをもらい、制作が進んでいった。

MVについての鈴木おさむ、hitomi、NANA、MINA、LINAからのコメントは下記のとおり。

【鈴木おさむ コメント】
「この曲がアラフォーの女性への応援ソングみたいなところであるので、hitomiさんとMAX、ともにバブル時代を知っているキラキラした二組がバンドを組む!そして、今の草食男子に、アラフォー女性の格好良さを伝えるというのがコンセプトです。格好よくてセクシーなPVになりました。このPVだけで見られるスペシャルバンドを堪能してください!hitomiさん、なんてやんちゃなママなんでしょう。MAXさん、なんて理想の仲間関係なんでしょう。バラユメで、女性の格好良さを感じてください!!」

【hitomi コメント】
「今回は、なんと言ってもMAXさんに出演いただいたのが大きなことですね。同世代で、10代20代と頑張ってきて、30代でこうしてコラボレーション出来たのが嬉しかったです!頑張ってきたからこそ、今の私たちがある。そして、あの頃はどうだった~とか、今だから話せる話ができたのも、嬉しかったです!」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング