京都が生んだ遅咲きの奇跡、the coopeezが2ndフルアルバムをリリース

okmusic UP's / 2014年4月9日 16時0分

the coopeez (okmusic UP's)

京都在住の4人組、the coopeezが5月21日に2ndフルアルバム『newbalance』をリリースする。

【その他の画像】the coopeez

無名ながら昨年は『JOIN ALIVE 2013』『ネコフェス』等の大型イベントに抜擢、コアなロックンロールファンが愛読する雑誌『DONUT』にも紹介される等、異例の事態が続出しているthe coopeez。ここ1年で急激に注目度を上げている彼らが前作『GOLDENTIME』より約1年半振りに放つ今作は、遊び心満載の楽曲とコンプレックス満開の言葉が絶妙に織りなす、リスナー泣かせの新感覚の作品に仕上がっている。

同アルバムのリリースに先駆け、noodlesのYOKOがゲストコーラスとして参加しているリードトラック「途中の人」のMVが本日より公開された。このMVはバンドに関わる全てのアートワークを担当する藤本(Vo)が手掛けたアニメーション作品になっている。

なお、今作の購入特典としてタワーレコードでは缶バッジ、ヴィレッジヴァンガードではMVを収録したDVDが付いてくる。また、収録曲「テレパシー」先行ダウンロード権が付いた会場&通販限定の藤本のイラストレーション集も絶賛販売中だ。

さらに、リリースを祝ってグレートマエカワ(フラワーカンパニーズ)、玉屋2060%(Wienners)らから寄せられたコメントからも、彼らのジャンル分け不能の多彩さががうかがえる。the coopeez待望の新作に期待は高まるばかりだ。

■【グレートマエカワ(フラワーカンパニーズ)コメント】

おもしろいアイディアを、音にするセンスに感心してます

■【玉屋2060%(Wienners)コメント】

人懐っこい顔して近づいてくるから下手に気を許しちゃったけど、懐に潜り込まれて痛い所をサクッとやられてしまいました。くそー!確信犯!

■【森内淳(DONUT副編集長)コメント】

「スーパー・コンプレックス! 遅咲きワンダフォー! ニューバランス!」というイントロダクションは、ザ・ビートルズ「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」の「1,2,3,4!」と同じく、それだけですでにロックンロールだと思う。コンプレックスの塊が、心とアタマに巣食った「途中の人」が楽器を持って踏み出すと、やがてそれは偉大な毎日を歩む冒険へと変わる。そこにロックンロールは鳴る。ロックンロールはそこにしか鳴らない。『newbalance』は愛しいロックンロール・アルバムだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング