きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲MVで段ボールロボットと対戦!?

okmusic UP's / 2014年4月9日 11時0分

きゃりーぱみゅぱみゅ (okmusic UP's)

ワールドツアー真っ只中のきゃりーぱみゅぱみゅが4月16日に発売する「ファミリーパーティー」(『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』の主題歌)のMVがついに解禁!


【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

同MVは謎の国で開催される謎のスポーツにきゃりーが挑戦するという内容。主題歌映画のテーマにもなっている段ボールで作られたロボットと対戦し、白熱した試合を繰り広げている。MVの解禁に合わせて、本日9日より着うた®の配信もスタートされているので、そちらもチェックをお忘れなく!

■【きゃりーぱみゅぱみゅ コメント】

ロボットと謎な競技で戦うというすごく不思議なミュージックビデオになりました。段ボールのロボットの中身もロボットに変身した自分が操縦しているので、そこに気づいて欲しいです。スポーツということで、メイン衣装は私なりのユニフォームになっているのでその衣装にも注目して下さい!

■【MV制作レポート】

3月半ば 早朝から神奈川県のスタジオにて撮影。これまでの作品同様に演出・監督は田向潤。デビュー前から親交があるスタッフと共に、自ら企画段階から入念に打合せを重ね完成したミュージックビデオになる。今回シングルは4月16日に発売される『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』の主題歌の新曲「ファミリーロボットが主人公の映画の内容に合わせ、今作のミュージックビデオのテーマはロボットに。毎回こだわりの本人の衣装は、今回は3パターン、メイン衣装は、白をベースにカラフルなエナメルの模様が鏤められた動きやすい衣装。これは「ロボットと戦う意味不明な競技を戦い続ける」という監督の命題を受け、きゃりーなりに発案されたユニフォームとなる、素材は動きやすいメッシュなどの生地で制作された。またサブの歌唱シーンの衣装はダンサー衣装と合わせ全身シルバーの生地で作られ、ロボットという機械的なモチーフから発想されたものとなった。また、段ボールロボットを操縦するロボットに変身したきゃりーぱみゅぱみゅの衣装はCDの通常盤のジャケットで使用もされているものとなり、この衣装はジャケット撮影用に約2週間で制作された衣装となる。当初ジャケットだけに使用する予定だったが、あまりのすばらしい完成にきゃりー本人発案により急遽ミュージックビデオにも登場させることとなり、その仕上がりにきゃりー自身もすごく満足していた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング