『オネェCD』第3弾より津田健次郎さんインタビュー到着

okmusic UP's / 2014年4月10日 0時30分

『オネェCD』第3弾に出演した津田健次郎さん (C)TEAM Entertainment Inc./XROSS FLEUR(okmusic UP's)

“オネェ系男子”と日常を過ごすCDの第3弾『オネェCD ~となりの世話焼き・カオルちゃん~』が4月16日にリリースされる。


【その他の画像】『オネェCD ~となりの世話焼き・カオルちゃん~』ジャケット

“お隣に住む世話焼きオネェ”をテーマに贈る第3弾は、藍澤 薫(CV:津田健次郎)がまるでオカン(オトン?)のように、貴女にあれやこれやと世話を焼いてくるという内容に。現在、シリーズ特設サイト(http://www.team-e.co.jp/sp/onee/)では、サンプルボイスが公開中となっているので、気になる人は今すぐにアクセスしよう。

そしてこの度、津田健次郎さんの公式インタビューも到着している。

--------------------------------------------------------

■オネェCD3 藍澤 薫(CV:津田健次郎) オフィシャルインタビュー

――収録を終えての感想をお願いいたします

最初こんなCDがあるんだ、とびっくりしました(笑)。
オネェだけれども女性が好き、というキャラのさじ加減が難しかったのですが、
大人の隣の女の子を支えていく、大人の女性・・・自分ではおかん、と言ってましたが、
そんな雰囲気が溢れている話で、やりがいがありました。
明るい部分とシリアスな所がとしっかりあって、やってて楽しかったですね。

――オネエキャラを演じるにあたっていかがでしたか?

全然問題なく(笑)。
オネェの場合リズムが普通の人と違うというか、そういう部分を意識してやりました。
一人喋りなので聴いてて飽きないように、リズムには一番気を付けました。

オネェキャラは、明るさが大事だと思ったので、明るさを失わず、
その中に人情がにじみ出るように意識しました。
句読点なく、一気に喋る部分は頑張りましね、「頑張れおれの舌」って(笑)

――印象に残ったシーン・セリフはありますか

シーンでは、女の子に真面目に慰めていく、温かく包むシーンですね。
オネェって、日常的にも何か一枚纏っているイメージなんですが、
そういったものを脱いで、女の子と接しているシーンはとってもドラマチックなので
印象深いですね。

セリフでは「炭酸水」。
一生分言ったかも、という位とても推しています(笑)

――ファンのみなさんにメッセージをおねがいします

オネェCDという特殊なジャンルですけど、他のドラマCDではなかなか体験できない、
味があるのではないでしょうか。
非常に明るくて楽しくて、ドラマチックで。
それこそ隣りに居てくれると嬉しいな、という人物を表現したつもりです。
元気がなくなったとき、落ち込んでいる時、楽しくなりたい時に是非、
あなたの隣りに薫ちゃんを!(笑)
楽しんでください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング