スキマスイッチ×メレンゲ、新宿ロフトでスペシャルな共演!

okmusic UP's / 2014年4月11日 0時0分

4月9日@新宿ロフト (okmusic UP's)

2014年4月9日にスキマスイッチとメレンゲが約10年降りに共演を果たしたイベント、「SHINJUKU LOFT 15th ANNIVERSARY PREMIUM LIVE SERIES 2014 THE DREAM MATCH#1」。争奪戦だったチケットを見事!手にしたお客さんで会場は満員御礼。

【その他の画像】スキマスイッチ

そんな中、新宿ロフトの節目となるイベントに度重なる出演を果たし、その軌跡を刻んできたメレンゲが先攻で登場。レコード会社移籍第二弾シングルとなった、「シンメトリア」から、「ラララ」「ビスケット」といったポップな言葉を放つナンバーで前半線をスタート。途中、Vo&Gのクボケンジらしい、ユーモア溢れるMCで、初めてメレンゲを見るであろう観客とのグッと距離を縮め、中盤にスローテンポナンバー「絵本」、「タイムマシーンについて」を披露。会場内はメレンゲが放つ一音一音に耳を澄ませる。そして、フジテレビ“ノイタミナ"アニメ『ピンポン』のエンディングテーマに抜擢された新曲「僕らについて」を初披露。最近の彼らのライブではお馴染みの「ミュージックシーン」「バンドワゴン」「クレーター」「願い事」を披露し、終始、温かい歓声を受けながらステージを後にした。

そして今回のイベントの大トリを果たしたスキマスイッチが観客の歓喜と共に登場。彼らが新宿ロフトに出演するのはなんと10年ぶりだという。そんな彼らが1曲目に演奏したのは、当時から演奏していた「君の話」、「view」「晴ときどき曇」を披露。当時を懐かしむMCをはさみつつ、お客さんを驚かせる一幕も。「夕凪」を披露し、再び当時の思い出話をMCで披露する彼ら。

中盤ではインディーズ盤以降、音源化されていない「passage」を披露し、会場内をどよめかせる。途中挟むMCでも思い出話を披露しつつ、後半は「ユリーカ」「ガラナ」「ただそれだけの風景」で、ロフトの隅々まで盛り上がる。

アンコールは「さみしくとも明日を待つ」「全力少年」を披露。「全力少年」では、メレンゲからクボケンジが参加し、スペシャルなコラボレーションで幕を閉じた。

(樋口寛子/新宿LOFT)

■シングル「僕らについて」 / メレンゲ

2014年5月28日発売
【初回限定生産盤】(CD+DVD)
KSCL-2406-2407/¥2,300(税込)
【通常盤】(CD)
KSCL-2408/¥1,000(税込)
<収録曲>
01."あのヒーローと" 僕らについて
02."あの夜明け前の" 僕らについて
03."あのヒーローと" 僕らについて-noitamina ver.-
04."あのヒーローと" 僕らについて-instrumental-
05."あの夜明け前の" 僕らについて-noitamina ver.-
06."あの夜明け前の" 僕らについて-instrumental-
<DVD>※初回限定生産盤のみ
■2014.2.14 渋谷公会堂ワンマンライヴ「初恋の集い 2014 in バレンタイン」
01.アオバ
02.君に春を思う
03.東京
04.Ladybird
05.シンメトリア
06.クレーター
07.ユキノミチ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング