ネイザン・イースト、シークレット・パーティーでAIや福原美穂らとセッション!

okmusic UP's / 2014年4月23日 12時0分

ネイザン・イースト (okmusic UP's)

ビッグゲストが多数参加した自身初のソロアルバム、『NATHAN EAST』をリリースしたばかりのネイザン・イーストが、青山のレストランバーCayにて友人や関係者のみを集めたシークレット・パーティを行い、福原美穂、AI、JAY'EDら日本人アーティストとの共演を果たした。

【その他の画像】NATHAN EAST

このイベントは、40年にわたる偉大なキャリアにおいて初めてのソロアルバム・リリースを祝い、ネイザンの友人や仲間たちを招いて行われたもの。

前半のトークセッションではエリック・クラプトン、スティービーワンダー、マイケル・ジャクソンらの名盤で演奏した数々の輝かしい経歴に触れ、また30年にわたるヤマハベースギターとの関わりや、自身のソロアルバムについても熱く語った。

後半のライブセッションではこの日のために結成されたスペシャルバンドとともに、ネイザン自身がセンターに立ち、ベースを弾きながら歌声を披露。このアルバムのために小田和正が作曲した「Finally Home」では甘いハイトーンボイスを聴かせて観客を魅了した。

また、CDに収録された楽曲に加え、かつてネイザンが参加した超有名曲も彼自身のベースで再現。ホイットニー・ヒューストンの「Saving All My Love For You」では、なんとAIと福原美穂が日本のDIVA代表としてステージにあがり、力強い歌声を披露。CDに収録された「Daft Funk」からフィル・コリンズとフィリップ・ベイリーのデュエットによる大ヒット「Easy Lover」と続くダンサブルなメドレーで会場はヒートアップ。しめくくりにこれまたネイザンがベースを務めたDaft Punkの「Get Lucky」がJAY'EDのゲスト参加で演奏されると、観客たちはみな踊りだし、大きな盛り上がりを見せて幕を閉じた。

会場にはともに来日しているTOTOのメンバーや、近作に参加した小田和正ら姿も見え、友人が多く親日家でもあるネイザン・イーストらしく、たくさんのゲストたちがこのパーティに参加して、彼の初のソロアルバム発売を祝った。

なお、ネイザン・イーストはこのあとTOTOのメンバーとして日本ツアーを始める。4月28日には武道館での公演も決まっているが、現在チケットも残りわずかとなっており、TOTOとしてのネイザン・イーストをたっぷり堪能したい方は要チェックだ。

Photo by Jun Sato

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング