武藤彩未、デビューライヴにて18歳の誕生日をファン1200人が祝福

okmusic UP's / 2014年4月30日 16時45分

4月29日(火・祝)@TSUTAYA O-EAST (okmusic UP's)

先日デビューアルバム『永遠と瞬間』でソロデビューを果たした武藤彩未が4月29日にTSUTAYA O-EASTでデビューライヴ「BIRTH」を行なった。

【その他の画像】武藤彩未

今年に入って伊勢丹「花々祭」ビジュアルモデルや江崎グリコ「セブンティーンアイス」イメージキャラクターに選ばれ、ファッション誌やカルチャー誌を中心に幅広いジャンルの雑誌やで取り上げられたことで注目を集めてきた武藤だが、最近ではTBS「あさチャン」やフジテレビ「めざましテレビ」などのテレビでも注目新人として紹介され、デビューアルバム「永遠と瞬間」は4月22日付オリコンデイリーランキングでは7位を獲得するなど、全国にその名が広がり始めている。

昨年までは1980年代のソロアイドルのカバー楽曲を中心に、毎回オリジナル曲の発表を行なってきていた武藤だが、この日は初の全曲オリジナルライヴ。デビューアルバム『永遠と瞬間』からの曲を中心に新曲を含む全13曲を披露した。

新曲「Are You Ready ?」からスタートし、前半は「女神のサジェスチョン」「Seventeen」「時間というWonderland」のような等身大でキュートな世界、そして「桜 ロマンス」「とうめいしょうじょ」といったノスタルジックかつイノセントな世界にファンは酔いしれた。そして「A.Y.M.」ではパワフルでビートの効いた楽曲の中でレーザーが飛び交うなどのエッジーで現代的な演出でファンを圧倒し、後半からはコールアンドレスポンスで会場をさらに盛り上げ、新曲「RUNRUNRUN」ではファンも一緒になってタオルを振り回し、会場の盛り上がりは最高潮に達した。さらに「宙」、新曲「交信曲第1番変ロ長調」といったスペーシーで壮大な楽曲で武藤彩未の持つ多様な世界観を魅せつけるライヴとなった。

アンコールで再び登場した彼女にファン1200人が「ハッピーバースデー」の大合唱で祝福。この日18歳の誕生日となる武藤はファンからのサプライズに「今日は世界で一番幸せ者です!」と笑顔で感謝を述べ、アンコールでは昨年初のソロライヴで初披露した、最初のオリジナル曲「彩りの夏」を披露、そして最後に「もっと大きくなって帰ってきます」と今後の飛躍を誓い、新曲「明日の風」でライヴを締めくくった。透明感のある歌声とキレのある振り付け、そしてその凛とした佇まいなどすべてをひとりで表現するソロシンガー、ソロアーティストとして今後更なる期待が持てるライブだった。

なお6月10日には自身の苗字にかけ、"610の日LIVE 「A.Y.M. Ballads」" と銘打ったライヴを行なう武藤彩未。こちらも是非足を運んで頂きたい。

■【セットリスト】

M01. Are You ready?(新曲)
M02.女神のサジェスチョン
M03.Seventeen
M04.時間というWonderland
M05.桜 ロマンス
M06.とうめいしょうじょ
M07.A.Y.M.
M08.Run Run Run(新曲)
M09.交信曲第1番変ロ長調(新曲)
M10.宙
M11.永遠と瞬間
EN1.彩りの夏
EN2.明日の風(新曲)

■“610の日 Special LIVE 「A.Y.M. Ballads」”

6月10日(火) Shibuya duo MUSIC EXCHANGE
OPEN 19:00/START 19:30

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング