ν[NEU]とwyse、世代を超えたコラボレートライヴを実施

okmusic UP's / 2014年5月1日 15時0分

4月26日@TSUTAYA O-WEST 【wyse×ν[NEU]】 (c)PHOTO: 藤原 悠里(okmusic UP's)

ヴィジュアル系というシーンが誕生し、間もなく四半世紀の歳月が経とうとしている。“ヴィジュアルシーン黎明期”を担ったX JAPANやLUNA SEAが今でも第一線で活動を続ければ、彼らの後に続いた黒夢も復活。同世代のL'Arc-en-Cielは、ジャンルの枠を超え、世界中の音楽ファンから支持される存在にまで成長してきた。

【その他の画像】ν[NEU]

その後、このシーンを活性化し続けてきたLa'cryma ChristiやPIERROT、SIAM SHADEなどが限定的ながらも復活を遂げ、原体験をしていない若い世代たちを含め、今のヴィジュアルシーン全体を活性化してゆくための刺激を注入。すでにヴィジュアル系という枠を逸脱し、ラウド界で活動するDir en grayや、現在のシーンのトップを走るthe GazettEなど、海外にも活動の拠点を築いているバンドも着実に増えている。

誕生当初は、日本の音楽シーンから迫害、虐げられていたヴィジュアル系というジャンルは、結果、世の中の動きとは一線を画すことで、他にないオリジナリティを持ったスタイルを確立。それが現在の、日本が世界に誇る音楽文化になっていることは、みなさんもご存じだろう。余談として語るなら、今でもヴィジュアル系は、日本の音楽シーンからは痛い目で観られている。でも、それでいいんだと思う。マイノリティーがマジョリティーになる力というのは、そういうところから発揮されるものであるのだから。

99年に産声をあげたwyseもまた、2001年にメジャーデビュー。00年代前半時期のヴィジュアルシーンを第一線で活性化し続けてきたバンドである。wyseは、05年に解散。2011年より再始動を行い、現在も精力的に活動している。

ν[NEU]は、まさに今のヴィジュアル系の第一線を牽引している若手注目株のバンド。同バンドのベースであるヒィロは、wyseのベーシストであるTAKUMAに多大な影響を受けてきた。

4月26日(土)にTSUTAYA O-WESTを舞台に、『wyse × ν[NEU]「2MAN」~60min×2~』と題されたイベントが開催になった。片やwyseは、ヴィジュアル系というシーンの中へ強烈な爪痕を残しつつ、今も刺激を与え続けている存在。方やν[NEU]は、今のヴィジュアル系好きな人たちに、これからのヴィジュアルシーンの未来像を指し示しているバンド。いわゆる「世代を超えたバンドどうしが刺激しあうことで、新しいムーブメントを芽吹かせよう」というのが、今回のイベントの趣旨になっていた。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング