長渕剛、第1回全日本フルコンタクト空手道選手権大会にてスペシャルライブを開催

okmusic UP's / 2014年5月19日 15時30分

5月18日(日)@大阪市中央体育館 (okmusic UP's)

長渕剛が5月18日に大阪市中央体育館で開催された「第1回全日本フルコンタクト空手道選手権大会」の決勝戦後に、スペシャルライブを行なった。

【その他の画像】長渕剛

本大会は国内236もの団体が大同団結して開催が実現した初の統一大会であり、フルコンタクト空手のオリンピック種目化を目指す同連盟の歴史的な第一歩を刻むこととなった。その記念すべき統一大会のために、長渕は同連盟の緑健児理事長からの直々のオファーに答え、テーマソングとして荘厳なアレンジに変貌を遂げた名曲「HOLD YOUR LAST CHANCE 2014」を提供した。

総勢360名の選手が激しい熱戦を繰り広げた余韻がまだ冷めやらぬなか、場内を埋めつくした約7,000人の観客、そして選手たちから「ツヨシコール」が沸き起こると、長渕はこのライブのために特設されたステージへと上がり、 「素晴らしき記念すべきフルコンタクト空手の大同団結、第一回目の大会に馳せ参じたぞ~!」と第一声を叫びライブをスタート、テーマソング「HOLD YOUR LAST CHANCE 2014」を初めて披露したほか、「乾杯」「STAY DREAM」「とんぼ」など全9曲を演奏し、会場をひとつにまとめあげた。

長渕は、「どうしてなんだろう。空手のフルコンタクトの大会を観戦すると、心に沁みて泣けて泣けてたまらなくなるんだ。それはきっとね、みんなの一生懸命さが人の心を打つんじゃないかな、そう思うんだ。もちろん、勝った人たちも最高! だけどね、負けたその時にこそ、たくさんのことを得るよね。」と語ると、テーマソングの「HOLD YOUR LAST CHANCE 2014」について「この歌がこれから先ずっと少年たちの心に響きわたり、歌い継がれることを切望して止みませんし、そしてまたこの大会がオリンピックを目指してさらに大きくなることを心から祈りながら作った歌です」と述べ、フルコンタクト空手の大同団結への熱い想いを語った。

もちろん、「HOLD YOUR LAST CHANCE 2014」等で見せた、その荘厳な照明の世界観に場内は万雷の拍手に包まれ、感動的な大会を締めくくるにふさわしいスペシャルライブとなった。そして、オールタイムベストアルバムを引っさげて全国を巡る夏の全国ツアー「Tsuyoshi Nagabuchi Arena Tour 2014 All Time Best」への期待が否が応でも高まる一夜となった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング