マイケル・ジャクソン復活!? 米ビルボード・ミュージック・アワードで新曲をホログラムでパフォーマンス!

okmusic UP's / 2014年5月21日 10時0分

マイケル・ジャクソンが最新ホログラムで復活! (okmusic UP's)

日本時間の5月19日(月)午前、ラスベガスで行われたビルボード・ミュージック・アワード2014にて、マイケル・ジャクソンが最新技術を駆使したホログラムで復活。生パフォーマンスを行い、音楽史の新たな次元を切り開いた。

【その他の画像】Michael Jackson

マイケルがパフォーマンスした「スレイヴ・トゥ・ザ・リズム」は、日本では5月21日に発売されるニュー・アルバム『XSCAPE』に収録されている新曲。世界最大級の音楽の祭典で、「2009年に亡くなったはずのマイケルが、目の前で新曲を生パフォーマンスしている」という信じられない光景が広げられ、世界中が驚愕と感動の渦に包まれた。その信じがたいパフォーマンス映像が、マイケル・ジャクソンの公式YouTubeチャンネル上に公開された。

マイケルは金色のジャケット、白いTシャツ、赤いズボンという『デンジャラス』の色彩を彷彿とさせる衣装を身にまとって、玉座の様な椅子の置かれたセットに登場。ホログラムのダンサーを従えて歌いながら立ち上がると、階段から一歩ずつ降り、キレのあるダンスと歌唱を展開。ムーンウォーク、ターンからのつま先立ち、といったマイケルのトレードマークと言える動きも披露され、会場は歓喜の渦にまかれ、涙する観客も続出した。ホログラムで生成されたセットはプロジェクション・マッピングのように刻々と豹変。5人編成の生バンド、16人のダンサー、そして最後は通路に大勢のダンサーも加わり、前代未聞のパフォーマンスは観客を総立ちにさせ、大歓声に包まれながら幕を閉じた。

このホログラム・パフォーマンスは最新の技術が導入され、半年間の制作期間を経て世に放たれたもの。ビルボード・ミュージック・アワードのディレクター兼プロデューサーのラリー・クレイン氏は「『存在しないもの』を準備をするのは不思議な作業だった。このパフォーマンスに関しては5か月前から話してきたものの、その表現手法は直前のタイミングまで日々『発明』されていた」と語る。

マイケルのダンスの動きは、ジェイミー・キング氏とリッチ&トーン・タローガ兄弟によって振付/ディレクション/実演が行われ、Pulse Evolution社とTricycle Logic社の技術によってキャプチャーされ、実体化。ジェイミー・キング氏はマイケルのシルク・ドゥ・ソレイユ公演の監督も務めた人物で、タローガ兄弟は1997年の「ヒストリー・ツアー」の振付を担当していた二人だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング