Czecho No Republic、最初で最後のSHIBUYA-AX公演にて断髪式!?

okmusic UP's / 2014年5月21日 23時0分

Czecho No Republic (okmusic UP's)

5月21日、Czecho No Republicが5月いっぱいで営業終了となるSHIBUYA-AXにて最初で最後のワンマンライブを行なった。

【その他の画像】Czecho No Republic

このワンマンライブは、かつてAXでドリンクのバイトをしていてクビになった経験のある武井優心(Vo/Ba)の念願叶った凱旋ライブで、バンド結成当初より親交の深いthe telephonesの岡本伸明をゲストDJに迎えて行なわれた。

開場前に武井がかつてのようにドリンクバイトをするというサプライズで始まったこの日のライブは、これまで発表してきた代表曲のベスト的選曲に加え、7月16日にリリースされるメジャー2ndアルバム『MANTLE』からの新曲を5曲も披露。集まったファンはアルバムからの新機軸の楽曲をいち早くライブで楽しむことが出来たうえ、この日のために用意された未発表の新曲「Merry Go Round」(アルバム未収録)の全員プレゼントCDも受け取り、盛り沢山の内容に大満足の様子だった。

なお、一層の注目を集めたのはライブ中盤。セカンドアルバム『MANTLE』の収録楽曲や内容、初回盤に収録されるライブ&ドキュメントDVDの内容など、その全貌が明らかにされ、さらにアルバム発売を受けた全国ツアー「MANTLE TOUR ~2014年宇宙の旅~」が8月中旬から行なわれ、ファイナルは赤坂BLITZで行なわれることが発表されたのだった。会場が一気に歓喜の渦に包まれたことは言うまでもないだろう。

さらにサプライズ(?)が! このライブのためのリハーサルを完全にすっ飛ばし、AX公演の手売りチケットのノルマも達成できなかったドラムの山崎正太郎は、このAXで坊主にする!と宣言していたが、まさに宣言どおり、ライブ中に断髪式を行なったのだ。客席中央に設けられたブース上の椅子に座った山崎は、バリカンを手にしたメンバーによって完全に丸刈りにされていく。その一部始終を見守るファンからは悲鳴と歓声が飛び交った。

ライブ後半、会場は一気にヒートアップ。人気曲を畳み掛け本編最後まで駆け抜けた。アンコールでは、メンバーが大量のカラーボールを持って登場し、6月に開催されるプレミア視聴会の抽選会も行なわれるなど、最初で最後となったCzecho No RepublicのAXワンマンは、ニューアルバムへの期待感溢れる盛り沢山の内容で幕を閉じた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング