アレクサンドラ・スタンが4月の月間ランキング1位獲得。 チャートから見える「洋楽復権」の最新状況とは

okmusic UP's / 2014年5月22日 11時0分

Alexandra Stan|クリシェ~恋の合図はハッシュ・ハッシュ~ (okmusic UP's)

音楽ストリーミングランキングとは、聴き放題インターネットラジオ「FaRao」で1ヵ月間に再生された曲の、再生回数、Good回数、Bad回数を独自の集計で計算したチャート。CD売上枚数やダウンロードのランキングとは一線を画した、ユーザーが直観的に、本当に良い曲だと感じている曲がわかるランキングです。
【音楽ストリーミングランキング 4月度の画像】

聴き放題インターネットラジオ「FaRao」が、音楽ストリーミングランキングの4月度TOP20を発表。アレクサンドラ・スタンの「クリシェ~恋の合図はハッシュ・ハッシュ~」が1位を獲得した。

独自のリコメンドエンジンによってセレクトされた楽曲にユーザーが「Good」「Bad」を選択するだけで、自分好みの音楽チャンネルが作れる「FaRao」。そのアプリ内で、1ヵ月間に再生された曲にユーザーが「Good」を選んだ回数、「Bad」を選んだ回数を集計、再生回数に加味して独自の計算で算出したのが、この「音楽ストリーミングランキング」だ。

いわばユーザーが直観的に良い曲だと感じた曲がわかるこのランキング。4月度は1位のアレクサンドラ・スタンに続き、ケイ、テイラー・スウィフト、アシャンティと女性シンガーが並び、TOP5を洋楽が独占するというチャート状況となっている。中でもアレクサンドラ・スタンとテイラー・スウィフトは3月度も上位にランクイン。息の長いヒットだ。


ここ数年、洋楽CDの売り上げが落ちているというデータから「若者の洋楽離れ」が語られることも多かったが、実はダンス・ポップ系女性シンガーの分野で起こっていることは、むしろその逆。ここ数年で数々の新たなアイコンが登場し、世界的なブレイクと共に日本でも人気を獲得。いわば「洋楽復権」の象徴となっている。その代表格が、ルーマニアの歌姫、アレクサンドラ・スタンなのだ。

ヨーロッパ各国でチャート1位を記録した「ミスター・サクソビート~恋の大作戦~」を引っさげ、2012年に日本でもデビューを果たした彼女。この曲は同年のレコチョク年間ランキングでも1位を獲得する大ヒットを記録、さらにはインナ、アムナなどルーマニア出身のセクシー系歌姫が次々とデビューを果たし、一躍ブームと言える状況を作り出している。こうなると逆に“一発屋”となってしまう危惧も生まれてしまいがちだが、そんな不安を吹き飛ばしたのが、2013年10月にリリースされた新曲「クリシェ~恋の合図はハッシュ・ハッシュ~」。この曲がロングヒットとなり、彼女のキャッチーなメロディとセクシーな歌声の底強さを見せた形だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング