la la larks「M3」EDテーマについてのインタビュー到着

okmusic UP's / 2014年6月4日 19時32分

1stシングル「ego-izm」をリリースしたla la larks (okmusic UP's)

TVアニメ「M3~ソノ黒キ鋼~」のEDテーマを収録した1stシングル「ego-izm」を6月4日にリリースした“la la larks”(ラララークス)のオフィシャルインタビューが到着した。


【その他の画像】本日リリースされた「ego-izm」のジャケット

la la larksは、元School Food Punishmentのボーカル内村友美や、プロデューサー江口亮らを含む5人組バンド。今回のインタビューでは、「M3~ソノ黒キ鋼~」のEDテーマとして作られた「ego-izm」が彼らにとってどのような曲になったのか、内村友美とギターの三井律郎が語っている。

なお、シングルの発売を記念したイベント“la la larks「ego-izm」×M3 ~ソノ黒キライブ~ at TOWER RECORDS”が、2014年6月22日(日)タワーレコード 渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」にて開催。詳細についてはコチラ(http://www.jvcmusic.co.jp/flyingdog/-/Artist/A024751.html)を参照されたい。

--------------------------------------------------------

■la la larks オフィシャルインタビュー

──la la larksの結成は2012年。それ以前からみなさん顔なじみだったということですが?

三井 江口亮くん(Keybords)がSchool Food Punishmentをプロデュースしていて、僕は彼らの最後のツアーでギターを弾きました。それが何年頃だっけ?
内村 2011年くらいかな。
三井 その前にレコーディングにも参加したんですよね。江口くんとターキーさん(Drums)は10年以上の付き合いで、クボタケイスケさんだけは、la la larksを始める時に「はじめまして」でした。
内村 ターキーさんがクボタさんと演奏したことがあって、「すごくいいよ」と紹介してくれたんです。

──それぞれにキャリアがあるメンバーが集まったバンドですが、la la larksならではの良さをどう感じていますか?

内村 なんでもできることじゃないですかね。すごくざっくりした言い方ですが(笑)。
三井 雑な言い方だけど当たってる(笑)。
内村 決め事がなくて、その時々にやりたいと思ったことが自由にできるんです。今回の「ego-izm」だったら、アニメ作品に対して応えたい楽曲。いつも音楽に自由に向かい合えるところが、居心地がいいですね。
三井 それぞれ経験があるので、譲るところと譲れないところのバランスが取れているんです。そのバランス感覚が楽曲にも活動の仕方にも出ていると思います。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング